ギャレス・エドワーズ、新作SF映画の監督へ

ギャレス・エドワーズ、新作SF映画の監督へ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などで知られるギャレス・エドワーズが、新作SF映画を手掛けることになった。詳細については明かされていないものの、エドワーズはまた宇宙をテーマにした新たなストーリーを作りげることになるようで、キャスティング作業を経て今年の夏にもクランクインする見込みだとヴァラエティは伝えている。

タイトル未定の同作はニュー・リージェンシーが製作を務める予定で、『ローグ・ワン』でもタッグを組んだキリ・ハートがプロデューサーを務める。

エドワーズは次回作を確定するまで、様々な作品を模索していたというが、この作品に決定したことで、ニュー・リージェンシーがすぐに製作に名乗りを上げたと言われている。

批評家の間で高い評価を得た2010年作『モンスターズ/地球外生命体』で監督デビューを果たしたエドワーズは、2014年の『GODZILLA ゴジラ』でも成功を収め、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』『ゴジラVSコング』とハリウッド版『ゴジラ』をシリーズ化する役も担った。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ