【体験談】その気はなくても生まれてしまう擬似ママカースト【2】

【体験談】その気はなくても生まれてしまう擬似ママカースト【2】

こんにちは。ママライターの中浦明子です。前回は、ママ友との教育やお金へのスタンスが違うことに違和感を感じたことをお話しました。今回は、違和感を感じたことをより具体的にお話します。

 

こんにちは。ママライターの中浦明子です。前回は、ママ友との教育やお金へのスタンスが違うことに違和感を感じたことをお話しました。今回は、違和感を感じたことをより具体的にお話します。

擬似ママカースト【1】を読む

 

小さいうちこそお金をかける考え

 

保育所でできたママ友に共通していたのは、感性が鋭い幼児のうちにいろんな体験をさせてあげて能力を伸ばしたい、そのために多少の出費はOKという考えでした。それが「週末は有料キッズパーク」「習いごとは1~2つ」「ふだん着からいいものを」という姿勢の理由でした。

 

子どもを伸ばしてあげたいと思う気持ちは、とても理解できます。しかし、私は中学~大学までの費用をしっかり準備するために、小学生までは費用を抑えたいと考えていました。

 

ママ友に感じたお金と教育への考えの違い

 

実際にわが家では、勉強は自宅中心で英語はアニメDVD、体を動かすのは公園です。そのことを話すと「えっ、そうなの?」という様子で、おすすめの幼児教室を教えてくれるのですが、「自宅でできるだけやるつもり」と言うとさらに驚いていました。

 

お金に関しても、子どもにかかる費用は「本格的に復帰すればリカバリーできる」と言っており、実際に時短の今でも私の給与を上回ります。格差を実感し、合わせていくのはちょっとしんどいなと思いました。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「借金とかって…ある?」単刀直入に質問!しどろもどろになりながら…/結婚相談所-入籍編-
「見られてたー!」娘とのごっこ遊びで通報されてたかもしれない話【ベランダ事故】
「今まで知らなかった!」助産師が教えるよく食べる子になる3つのコツとは
「今日も寝ない…」終わらない夜泣きに絶望…異変に気づいた園の先生がかけてくれた言葉とは