近代の画家たちが描き出す子供への眼差し!丸の内の三菱一号館美術館で「画家が見たこども展」開催

近代の画家たちが描き出す子供への眼差し!丸の内の三菱一号館美術館で「画家が見たこども展」開催

丸の内の三菱一号館美術館では、開館10周年記念「画家が見たこども展」を2020年2月15日(土)から6月7日(日)まで開催。「ナビ派」のテーマのなかから「子供」に焦点をあて、国内外の美術館と同美術館の所蔵品から油彩・版画など約100点を展示。

浮世絵のような構図も!妹の子供たちを描いたボナール

左/ピエール・ボナール《学童》1900年 リトグラフ/紙 ボナール美術館蔵 (C) Frederic Aubert、右/ピエール・ボナール《雄牛と子ども》1946年 油彩/カンヴァス 個人蔵 Collection Prof.Mark Kaufman

印象派に続く世代の芸術家グループとして盛んになった芸術運動のひとつ、ナビ派。その主要メンバーには、ピエール・ボナールやエドゥアール・ヴュイヤール、モーリス・ドニ、フェリックス・ヴァロットンらが名を連ねる。

ナビ派の画家たちがインパクトを受けたと考えられているのは、ポール・ゴーガンやフィンセント・ファン・ゴッホらの力強い色彩や単純化された表現で描き出される「子供」の姿。

《学童》は、学校に行こうとする女の子を見送る母親の姿が描かれている。「日本かぶれのナビ」のあだ名を持つボナールらしく、浮世絵のような構図になっているのが面白い。

ボナールには子供がいなかったけれど、妹のアンドレの子供たちをモデルに多くの愛情あふれる絵を描いたそう。後年、甥の1人が美術史家になったのは、大好きな伯父さんの影響だったのかもしれない。

ヴュイヤールは身近な題材を好むアンティミスト(親密派)

左/エドゥアール・ヴュイヤール《乗り合い馬車》1895年頃 油彩/厚紙 ハマー美術館蔵 (C) Hammer Museum. Photo: Robert Wedemeyer、右/エドゥアール・ヴュイヤール《赤いスカーフの子ども》1891年頃 油彩/厚紙 ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Washington, Ailsa Mellon Bruce Collection, 1970.17.90

ヴュイヤールも、パリの街中にいる子供たちをモチーフとして取り入れたひとり。

彼自身は生涯独身で子供を持たなかったけれど、姉のマリーの娘アネットがいる光景を何度も描いている。室内の情景や家族の姿も好んで描き、自ら「アンティミスト(親密派)」と称したという。

一緒に暮らす母親と姪のアネットを描いた作品などもあり、親しみやすい対象に心を込めて描くことが好きだったみたい。

《乗り合い馬車》で描かれた姉妹は、当時の流行なのか、おそろいの帽子とドレスに身を包んでいる。よく見ると細かい装飾もしゃれていて、ヴュイヤールがファッションに注目していることが分かる。

関連記事:

ピックアップ

「ジュレーム iP」からディズニーデザインのシャンプー&トリートメントお試し容量セットが10月3日より数量限定で新発売
「ドランク エレファント」から、シルクのようなツヤ髪に仕上げるヘアケア「シルカミノ」シリーズ発売中
京王プラザホテルのクリスマスケーキ2022。希少な白いちご、美しい本やモミの木が芸術的な新作ケーキに
めんどくさがりさんにも!最新アイテムで手軽に温活にチャレンジ