スパイク・リー監督、アカデミー賞のスーツでコービー・ブライアントを追悼

スパイク・リー監督、アカデミー賞のスーツでコービー・ブライアントを追悼

スパイク・リー監督が9日(日)に開かれたアカデミー賞授賞式典で、コービー・ブライアントを追悼するスーツで登場した。バスケットボール好きで知られるリーは、先月ヘリコプター墜落事故で他界した元ロサンゼルス・レイカーズの選手コービーにちなんで、チームカラーの紫と黄色を基調に、コービーの背番号を縫い付けたスーツ姿で式典に出席した。

通常はニューヨーク・ニックスのサポーターでコート脇によく姿を見かけられるほどのリーだが、バスケットボール界のレジェンドであるコービーに敬意を表して今回この衣装を選んだようだ。

そんなコービーは、式典中の追悼コーナーの中でも先日103歳で他界した俳優のカーク・ダグラスらと共に取り上げられていた。過去1年間に亡くなった業界関連者を偲ぶそのコーナーでは、ビリー・アイリッシュが兄フィネアス・オコネルと共にビートルズの『イエスタデイ』を歌う中、リップ・トーンやダイアン・キャロル、ロバート・フォスター、アンドレ・プレヴィン、ドリス・デイ、ピーター・フォンダ、ジョン・シングルトン、ピーター・メイヒュー、そして京マチ子などが紹介された。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ