大食いではないのに太る『モナリザ症候群』とは? 原因と症状

大食いではないのに太る『モナリザ症候群』とは? 原因と症状

加齢で代謝が落ちると、太りやすくやせにくい体になるのは事実。
でも、その原因は加齢ではなく、「モナリザ症候群」かもしれません。

肥満の日本人の7割が「モナリザ症候群」

たくさん食べても太らない人がいる一方、大食いではないのに太る人がいます。

スリムになりたくていろいろ努力するけど、報われない…。あてはまる人は、「モナリザ症候群」かもしれません。

モナリザといえば、誰もが知るあの名画を思い浮かべると思いますが、それとは関係ありません。

「モナリザ症候群」とは「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の頭文字をとって作られた言葉。

体の働きをコントロールする「自律神経」である「交感神経」の機能が低下することで、食べていないのに太りやすく、やせにくい体になってしまうことを言います。

肥満者の7割が「モナリザ症候群」ともされています。

自律神経の働きとは?

自律神経とは、生命維持のための器官をコントロールしているもの。

たとえば、呼吸や内臓の働きなどが、意識しなくてもスムーズに行われているのは、自律神経のおかげです。

そしてこの自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つで成り立っています。

交感神経は、心身を緊張状態にさせるもの。一方、副交感神経は体をリラックスさせるものです。

交感神経と副交感神経は、1日のうちでバランスを変化させながら、体をコントロールしており、活動が活発になる日中は、交感神経が優位になり、夕方から夜は、体を休めるために副交感神経が優位になります。

しかし「モナリザ症候群」の人は、自律神経のバランスが乱れ、日中に交感神経の働きが低下している状態。

そのため活動量が落ち、消費カロリーが減って太りやすくなってしまうのです。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方