大食いではないのに太る『モナリザ症候群』とは? 原因と症状

大食いではないのに太る『モナリザ症候群』とは? 原因と症状

加齢で代謝が落ちると、太りやすくやせにくい体になるのは事実。
でも、その原因は加齢ではなく、「モナリザ症候群」かもしれません。

自律神経を整えてやせやすく太りにくい体に

太っている人に限らず、現代人は自律神経のバランスが乱れている人が多いと言われています。

自律神経が乱れる大きな原因が、不規則な生活です。夜更かしして、朝起きる時間がバラバラ、食事の時間もその日によって違うなど。

自律神経を整えるには、規則正しい生活を心がけることが大切です。

寝る時間と起きる時間を一定にし、食事は3食できるだけ決まった時間にとることを心がけましょう。

また、常に強いストレスを感じている場合も、自律神経に乱れが生じます。

自分の趣味の時間を定期的に作ってストレス発散を。

そして、日中は交感神経を優位にするために、できるだけ体を動かしましょう。

車に乗るのを控えて歩く時間を増やす、エレベーターを使わず階段を使うといったことで、運動する時間をあえて作らなくても体を動かせます。

さらに、夜は副交感神経を優位にするため、お風呂はぬるま湯に浸かって体をほぐしましょう。寝る前のストレッチも効果的です。

パソコンやスマホが発するブルーライトは、脳を刺激してスムーズな入眠の妨げになるので、寝る1時間前から使わないように心がけて。

乱れた自律神経を整えるには、少し時間が必要です。

できるところから規則正しい生活にシフトして、モナリザ症候群を防ぎましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

関連記事:

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方