リバイバル版『そりゃないぜ!? フレイジャー』、制作間近!?

リバイバル版『そりゃないぜ!? フレイジャー』、制作間近!?

ケルシー・グラマーが、主演ドラマ『そりゃないぜ!? フレイジャー』リバイバル版の脚本がすでに完成していることを明かした。同人気コメディドラマで主人公の精神科医フレイジャー・クレイン役を演じたケルシーは2018年、同作が復活することを示唆する発言をしていたが、制作開始も間近であることを今回明かしている。

ロサンゼルスのアカデミー賞授賞式典会場でのインタビューで、英朝番組『ロレイン』にケルシーはこう話した。「テレビ番組がいくつか予定されてるんだ。『フレイジャー』のリブート版も含めてね。脚本も届いてきているし、アイデアも伝えた。それに向けて動き出してるよ」

フレイジャーはボストンを舞台にしたシットコム『チアーズ』に初めて登場した後、故郷のシアトルに舞台を移し、ラジオ番組のプレゼンターとして新たな生活を始めた姿が1993年から2004年まで11シーズンに渡って描かれた。

2004年5月の放送時には3400万人もの視聴者を惹きつけた最終回では、フレイジャーがサンフランシスコでの仕事の誘いを断り、恋人のシャーロットと共にシカゴへ移り住む様子が映し出されていた。

リバイバル版が待ち望まれる一方、ケルシーはその期待に応えられるかを心配しているようだ。番組をまた再開することに不安はあるかと尋ねられると、「それが大きな問題だ。制作にはもう2年くらい取り掛かっているけど、とても満足してるよ」とケルシーは答えている。

また、新作に向けては劇中で父マーティン役を演じていたジョン・マホーニーが2年前に他界したことについても受け取める必要があると以前に明かしていた。「方向性としてはこれが異なるストーリーだということ。同じキャラクターだけど、異なる設定でね。彼らの人生で変化があったんだ」「もちろんジョン・マホーニーも亡くなってしまったわけだから、それに取り組む必要もある。父親がいなくなってしまったということにね」

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ