【離乳食のキホン】各時期の固さと大きさが分からない!その目安とは?

【離乳食のキホン】各時期の固さと大きさが分からない!その目安とは?

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、離乳食作りのときにママが疑問に感じることのひとつ、「離乳食ってどれくらいの軟らかさに煮込めばいいの?」というテーマをお話しします。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、離乳食作りのときにママが疑問に感じることのひとつ、「離乳食ってどれくらいの軟らかさに煮込めばいいの?」というテーマをお話しします。

 

離乳食の各時期ごとに分けて、やわらかさの目安を赤ちゃんの口の発達とともに、お伝えしますね。

 

離乳食初期の赤ちゃん

離乳食初期(5~6カ月)の赤ちゃんの口の中は、食べ物が入ってくると、上あごと舌を前後に動かして、のどの奥に送り込もうとします。まだ、かむことができませんので、裏ごしてヨーグルト状にドロドロにします。

 

調理のコツ

たとえば、ほうれん草やキャベツなどの葉物の野菜は水分が多いので、裏ごししただけで赤ちゃんが食べやすいドロドロになるのですが、かぼちゃやじゃがいもなどは裏ごししただけでは、もさもさして食べにくいことが多いと思います。そんなときは、湯ざましや昆布だしなどを加えてとろみをつけると食べやすくなりますよ。

 

離乳食中期の赤ちゃん

離乳食中期(6~7カ月)の赤ちゃんの口の中は、左右の動きができるようになります。嚙むといいうよりはその前の「モグモグ」する段階です。食べ物は舌でつぶせる絹こし豆腐やプリンを目安にやわらかく煮込みます。形状はみじん切りです。

 

調理のコツ

離乳食初期の裏ごしから、形のあるみじん切りに進む時期ですが、食べ物によって飲み込みにくくなることもあります。たとえば葉物の野菜パサパサした魚や鶏ささみなど。赤ちゃんが食べにくそうにしていたら、片栗粉などでとろみをつけると食べやすくなりますよ!

 

 

 

関連記事:

ピックアップ

わが家の抱っこちゃんをセルフねんねに導いてくれた!お守り的な存在とは…【体験談】
「子どもって絶対いなくちゃダメ?」周りに急かされて疑問が…/卵巣のう腫が消えた#9
妻と不倫相手どちらもキープしようと?ハッキリしない夫に制裁! #不倫夫にサヨナラ 21
「せめて長男が起きるまで!」と耐えた結果、子宮口全開!?ドタバタだった2人目出産