平安時代からの儀式!お食い初めの意味とやり方を教えて

平安時代からの儀式!お食い初めの意味とやり方を教えて

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、子どもが一生食べ物に困らないようにという思いを込めた儀式「お食い初め」のお話をしますね。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、子どもが一生食べ物に困らないようにという思いを込めた儀式「お食い初め」のお話をしますね。

 

お食い初めをするのはいつ?

お食い初めは、平安時代から行われている日本の儀式。「100日まで無事に育った」という安堵と祝賀の意味も込められていると言います。

 

ですので、一般的に赤ちゃんが生まれてから100日目に行います。地域によっては110日目や120日目にすることもあるそうです。もちろん、100日目ぴったりの日にしなくてもOK。100日前後の家族の揃う日を選ぶといいですね。

 

お食い初めの食器は?

お食い初めに使う食器のお話しをしますね。正式なお食い初めの食器は、男の子は朱塗り、女の子は外が黒塗りで内側が朱塗りのものが一般的です。

・お箸:柳の白木
・お椀:鶴、待つなどが描かれた漆器
・お膳:女性側の家紋の入った高足の御膳
 

最近では、お食い初めにも普段にも使える食器もあるようですよ!

 

関連記事:

ピックアップ

<夫が在宅勤務に!> まだまだ未熟な夫婦だからこそ、どうやって向き合っていくのが良いのだろう…?
「連れ戻しに来たんだ!」家出したあと夫がついに実家にやって来た!焦った妻は?
<0日婚>「アンタは男見る目ないんだから」母のひどすぎるひと言!結婚にも猛反対されてしまい…
専業主婦は家事をきちんとしないといけない?洗っても洗っても追加される食器に嫌気がさした私は…