赤ちゃんのストロー飲みが上手になる4つのステップ

赤ちゃんのストロー飲みが上手になる4つのステップ

離乳食インストラクターの中田馨です。私は、保育士をしているのですが、ママさんたちから「先生、ストローってどうすれば上手に飲めるようになるの?」と相談を受けることが多くあります。

 

離乳食インストラクターの中田馨です。私は、保育士をしているのですが、ママさんたちから「先生、ストローってどうすれば上手に飲めるようになるの?」と相談を受けることが多くあります。

 

いざ、ストローをチャレンジしたはいいけど、うまく吸えない。おっぱいや哺乳瓶を吸うのとは少し違う「ストローの吸い方」を赤ちゃんにどう教えたらいいのか?また、吸ったはいいけどのどに引っかけてしまったり、口から出てきて、服がビチャビチャに!ママもあわててしまいますよね。

 

ママのストレスを軽減しながら、赤ちゃんがスムーズにストローで飲むことができるステップアップ法を紹介します。

 

ストローのメリット

水分を摂りやすい

コップがまだ使えない月齢が浅い赤ちゃんでも、ストローの吸い方を知っていれば、水分補給をすることがカンタンにできます。外出先でも手軽に与えやすいので、私は重宝しましたよ。

 

口の発達を促す

おっぱいや哺乳瓶とは少し吸い方が違うストロー。舌を使って、その吸い方を習得してストローを使えるようになるのも、口の中の発達のひとつです。

 

ストローはいつからすればいいの?

くちびるでものをはさめるようになったら、始めるときだと思います。「何カ月から始めましょう」という明確なものはありませんが、離乳食を開始し始めた5~7カ月を目安に始められてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事:

ピックアップ

掃除にまつわる「名もなき家事」のリアル。夫よ、ゴミ出し日を把握して!夫とうまく分担するには…?
<元カノ大好き義母>「あれ、誰…?」輝かしい結婚式当日。義母の側にいたのはまさかの…!?
専業主夫のワンオペ育児!男性が育児をするには困ったことだらけ…【新しい家族のカタチ】
「痛い!」美容院で大暴れの、音に敏感な息子。自宅でカットしても嫌がられ、私はだんだん憂うつに…