赤ちゃんがコップを上手になるための6つのステップ

赤ちゃんがコップを上手になるための6つのステップ

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。コップから飲ませるけれど、飲み込まずにそのまま口から出てきて服がビチャビチャ。飲もうとするけど、のどに引っかけてしまう。コップをひっくり返して、ジャーっとテーブルにこぼし、こぼれたお茶を手で混ぜ混ぜしてしまう……。どれもよくある話です。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。コップから飲ませるけれど、飲み込まずにそのまま口から出てきて服がビチャビチャ。飲もうとするけど、のどに引っかけてしまう。コップをひっくり返して、ジャーっとテーブルにこぼし、こぼれたお茶を手で混ぜ混ぜしてしまう……。どれもよくある話です。

 

私の子どもたちも、保育所の子どもたちも、このようなことを経験して、少しずつ上手になっていきましたので、「どうして上手に飲めないのかな?」と悩まなくて大丈夫です。ママの心の余裕があるときはいいですが、そうでないときは、そんな赤ちゃんの姿がストレスになることも。ストレスがない練習方法があるとうれしいですよね。ということで、今回は、赤ちゃんがコップを上手に使うようになるには?コップのステップアップ方法をお届けします。

 

どんなコップを用意するといい?

取っ手が2つあるコップ

赤ちゃんが、持ちやすいように、コップの左右に2つ取っ手のあるコップがいいと思います。片方だけだと、うまく持つことができず、赤ちゃんがコップを支えられないことがあります。

 

割れにくいコップ

コップに限らず、食器もそうですが、軽くて割れにくいものの方が、使っていて安心だと思います。私の娘は、食いしん坊のあまり、食器の中に食べ物がなくなると、食器を投げることがありました。投げるのはまれにしても、まだ、うまく支えられない赤ちゃんです。落として割れにくい素材でできているものを使うと安心ですね。

 

軽くて小さいコップ

赤ちゃんの力で支えられる、赤ちゃんのサイズに合っている。というのもポイントです。たとえば大人用のマグカップだと、赤ちゃんには大きすぎて重たすぎますよね。

 

消毒ができる素材のコップ

赤ちゃんの食器ですので、消毒できるものだと安心ですね。ベビー用品にはたいてい、消毒できる素材かどうか、書いてありますので、袋の表示を参考にしてみてくださいね。

 

 

いつから練習すればいいの?

私は保育所の子どもたちが、水分をスプーンからすすれるようになってきたら、「あ、そろそろコップの出番かな?」と思っています。コップに興味を持っていたら、始めどきですね。一度空っぽのコップを持たせてみてもいいですね。月齢で言うと、7カ月ごろが目安かなと思います。

 

関連記事:

ピックアップ

「下の子のほうがかわいい」思わず耳を疑った義父の言葉。そのとき、夫の反応は…!?
「同棲しない?」言ったー!ドキドキの瞬間。彼の返事は…/失敗プロポーズ30
「歯並びが心配だね」1歳半健診で歯科医から指摘されてショック!対策はできるの?
「早ぁぁぁ!軽ぅぅぅ!」おい、やめろ!胸騒ぎがスゴイ… #さく坊馴れ初め 6