赤ちゃんがコップを上手になるための6つのステップ

赤ちゃんがコップを上手になるための6つのステップ

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。コップから飲ませるけれど、飲み込まずにそのまま口から出てきて服がビチャビチャ。飲もうとするけど、のどに引っかけてしまう。コップをひっくり返して、ジャーっとテーブルにこぼし、こぼれたお茶を手で混ぜ混ぜしてしまう……。どれもよくある話です。

コップ飲みの6つのステップアップ方法

ママが支えて練習

まだコップをバランスよく支えられない赤ちゃん。まずは、ママが支えながら一緒に飲んでみましょう。また、赤ちゃんが、コップで飲む飲みやすい角度を習得するのには練習が必要です。ママが、飲みやすい角度を一緒に何度も教えてあげることで、赤ちゃんは適度な角度を習得していきます。 最初は自分で持つことをいやがる赤ちゃんもいますので、その場合はママが飲ませてあげても大丈夫。

 

少しの水分から練習

最初からコップに多くの水分を入れていると、こぼす原因になります。ほんの少しの水分をコップに入れて飲むことから始めましょう。

 

スプーンを使って練習

スプーンをすするところから練習するのもひとつの方法です。スプーンですくって、赤ちゃんの口の前に持って行き、赤ちゃんが自分から「すする」。大人が何気なくしている「すする」という動作。赤ちゃんはまだできません。すする口の動きを教えるのに、私はよく使っています。

 

飲むときの周りの環境を整える

エプロン、レジャーシート、タオルを用意するといいですね。エプロンは水を通しにくいものだと服も濡れにくく、さらにいいですね。コップで飲むとき、あご辺りにタオルやガーゼを当てつつ飲ませます。そうすると、こぼれてもタオルがありますので、服が濡れにくいですよ。 また、テーブルなどにこぼれてしまっても、そばにタオルがあればすぐに拭き取れます。

 

お風呂あがりに練習

ストローのお話のときもそうでしたが、私はわが子のときは、お風呂上りに練習していました。服をまだ着せていないとき、バスタオルで体をくるみ、コップで水分を飲ませる。こぼれても、バスタオルが受け止めてくれるので、ストレスゼロです!

 

じょじょにママの支えをなくしていく

のどに引っかけずに、こぼさずに飲めるようになったら。自分で支えて飲めるようになったら。じょじょにママの支えをなくしていきましょう。

 

 

赤ちゃんにとっては初体験のコップ。どうやって飲むか?すらわかりません。あせらず、赤ちゃんのペースに合わせてコップの練習をしてあげてくださいね。

 

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「デカい子どもかよ!」ダンマリ夫の頭の中は想像以上にひどくて…#ワーママワンオペ奮闘記9
「なんで強がっていたんだろう」理想の母親像を目指してノイローゼ気味になっていた私を救ったのは…
「あと少しだったのに」早産で涙するママに義母が笑顔で放った言葉の意味に絶句…
まさかの切迫流産を乗り越えて職場に戻ると、先輩からするどい質問が…! #社会復帰どーすんの? 1