トム・ホランド、映画版『アンチャーテッド』の脚本は傑作

トム・ホランド、映画版『アンチャーテッド』の脚本は傑作

トム・ホランドによると、映画版『アンチャーテッド』の脚本はこれまで目にした中でも最高レベルの傑作なのだそうだ。同名人気ゲームの映画化となる本作で、主役のネイサン・ドレイク役を演じるトムは、その脚本の出来栄えに驚かされたそうだ。

マーベル・シネマティック・ユニバースのスパイダーマン役でおなじみのトムはIGNにこう話す。「さっき脚本の最新版の草稿を読んだんだけど、これまで目にした中でも最高の脚本だよ。すごく先が知りたくなるような内容でね」

またこの新作では、自身が演じるキャラクターの起源を辿る作品になるとトムは明かした。「『アンチャーテッド』が他のビデオゲームの映画化と違うところは、ゲームの起源を探る話だってとこなんだ。だからゲームをプレイしたことがある人でも映画の内容は見たことがないんだよ」「だからみんな同じだけの情報を得られることになるから、ゲームをプレイしたことない人でも楽しめるんだ」

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ