【今から始めるふるさと納税】返戻品って?手続きは?初心者向けにトレンドワードをFPが解説

【今から始めるふるさと納税】返戻品って?手続きは?初心者向けにトレンドワードをFPが解説

「ふるさと納税」はやったほうがお得って聞いたことがあるけれど、なんだか難しそう。毎年やってみようと思うけれど、結局始められていない。そんな人も多いのでは? 今さら聞けない「ふるさと納税」の仕組みや始め方について、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんに聞いてみました。

好きな自治体を選んで納税すると返戻品がもらえる

ふるさと納税は、そもそもどういう仕組みなの?
「自分の選んだ自治体に寄附をすると、寄付額のうち2000円を自己負担するだけで、原則として残りの全額が所得税と住民税から差し引かれるという制度です(所得や家族構成などによって一定の上限があります)」(氏家さん)
税金を住んでいる自治体に納める代わりに、自分で選んだ自治体に納められる制度と言えそう。

ちなみに名前に「ふるさと」と付いているけれど、生まれ育った自治体でなくても寄付できるの?
「寄付先は、全国どこの地域でも選ぶことができます。ふるさと納税のお礼として、地域の特産品などの返戻を送る自治体も多く、ネット通販感覚で、返戻品目当てでふるさと納税をする人が大勢います。また、近頃では、大きな自然災害があった被災地をふるさと納税という形で支援するなど、さまざまに利用されています」と氏家さん。



自治体でも返戻品からでも。ふるさと納税先の選び方

ではどうやって寄付する自治体を選べばいいの?
「大きく2つのアプローチが考えられます。
応援したい自治体がすでにある場合には、『市区町村名 ふるさと納税』で検索をしてみましょう。自治体のふるさと納税特設サイトや、ふるさと納税ポータルサイトのその自治体のページが見つかります。

おいしいものが食べたい!旅に行きたい!など、返戻品から納税先を選びたい場合には、ふるさと納税ポータルサイトが便利です。『牛肉』『かに』『ワイン』『米』『いちご』など商品名から、その返戻品を送ってくれる自治体を探せます」(氏家さん)



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】何この胸のトキメキ…と思ったら更年期の症状だった時に読む話(後編)
【体験レポ&限定クーポンも】日本では珍しい「マインドフルネス専門サロン」が渋谷にオープン
約7mの生木クリスマスツリー!ほっこり温かい舞浜駅イクスピアリ(R)の【イルミネーション2021】
22年間の感謝を込めた最後のライトアップ!ヨーロッパを感じるヴィーナスフォートの【イルミネーション2021】