感覚過敏とともに。「できないから、どう生きるか…」起業、私立中学を退学、ブランドを立ち上げ、18歳の今【体験談】

感覚過敏とともに。「できないから、どう生きるか…」起業、私立中学を退学、ブランドを立ち上げ、18歳の今【体験談】

感覚過敏で幼いときから日常生活で困る場面が多かった加藤路瑛(かとうじえい)さん(18歳)。加藤さんは、12歳のときに株式会社クリスタルロードを親子起業で設立。感覚過敏の課題解決をめざして13歳のときに感覚過敏研究所を設立し、感覚過敏の研究や商品開発をしています。「Forbes JAPAN 30 UNDER 30 2023」(日本発世界を変える30歳未満)にも選ばれています。加藤さんに中学、高校時代のことや起業について聞きました。
全2回インタビューの2回目です。

教室でみんなで食べる給食の時間がつらくて、給食のない私立中学へ

感覚過敏とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの感覚が人一倍過敏なことです。それによって日常生活で困ることが多々あります。加藤さんが最もつらかったのは給食の時間でした。

――中学生のときのことを教えてください。

加藤さん(以下敬称略) 私は感覚過敏で、小学生のころから給食の時間が苦手でした。味覚過敏による偏食で、給食で食べられるメニューはほとんどありませんでした。そのためお弁当が持参できる私立中学に進学しましたが、お昼の時間はお弁当のにおいが教室に充満していて、においに敏感な私にはつらい時間であることは変わりありませんでした。

休み時間の騒がしさも聴覚過敏の私にはつらく、急いでお弁当を食べ、教室を出て、静かな場所を探して1人でいることが多かったです。

養護教諭に相談して、初めて感覚過敏とわかる

加藤さんが「自分には感覚過敏がある」と知ったのは中学1年生のときです。きっかけは、感覚過敏で頭が痛くなって保健室に行ったことでした。

――感覚過敏とわかったときのことを教えてください。

加藤 騒がしい教室にいると頻繁に頭痛がして保健室に行く回数が増えたことでした。そのため、よく保健室に行っていました。保健室の先生に相談したら「それって感覚過敏じゃないかな?」と言われました。家に帰ってから家族と一緒に感覚過敏についてインターネットで調べたら、思い当たることばかりでした。このとき、初めて感覚過敏ということを自覚しました。ずっと抱えていた苦しさの理由がわかり、気持ちがラクになりました。

――感覚過敏とわかってからのことを教えてください。

加藤 感覚過敏と知って気持ちはラクになりましたが、だからと言って症状が緩和されたり、困りごとがなくなったわけではありません。

感覚過敏だけが理由ではありませんが、私は中学1年生の後半から学校に行くことができなくなり、中学2年生の秋に当時通っていた私立中学を退学しました。

関連記事: