マーベル新作『エターナルズ』、ゲイのキスシーンでキャストらが涙

マーベル新作『エターナルズ』、ゲイのキスシーンでキャストらが涙

マーベル映画『エターナルズ』でゲイキャラクター2人のキスシーンが撮影された際、出演者らが泣したという。敵から地球を守るためにスーパーヒーローらが結束するといった内容の同新作では、MCU史上初の同性愛者のキャラクター2人によるキスシーンが描かれている。

そのキャラクターの1人で、ブライアン・タイリー・ヘンリー演じる不死身のヒーロー、ファストスと結婚し子供ももうける役を演じたハーズ・スレイマンはLGBTのニュースサイト「NewNowNext」のインタビューでこう回想している。「美しい感動のキスだった。セットでは皆が泣いていた。僕にとってクィアの家族というものがどれだけ愛しく美しいものになれるのかを見せるのはとても重要なことだったんだ」「ブライアン・タイリー・ヘンリーは素晴らしい俳優で、このシーンに途轍もない美しさを持ち寄ってきた。ある時、彼の目の中に子供を見たよ。僕たちクィアのコミュニティーにいる誰もがある時子供だったことを世界に思い出させる、とても大事なことだと思う」「僕らはそれを忘れがちだ、いつも性的だったり反抗的な存在として語られがちだから。人間的な部分での繋がりが忘れられているよ」

昨年の『アベンジャーズ/エンドゲーム』の絶望的な出来事の後を舞台にした『エターナルズ』は不死の宇宙種族エターナルズが、邪悪なデヴィアンツから地球を守る内容で、他にもサルマ・ハエック、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、クメイル・ナンジアニ、キット・ハリントンらが出演、今年11月の公開を予定している。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ