ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、新作「マトリックス」のアクションシーンが楽しみ

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、新作「マトリックス」のアクションシーンが楽しみ

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(33)は、「マトリックス」第4弾で、スタントシーンを自ら演じることを楽しみにしているという。来年5月の公開が見込まれている同人気シリーズの新作に出演するヤーヤが、アクションシーンへの意気込みを語っている。

「『マトリックス』だよ!乱闘や銃弾をかわしたりするクールなシーンをやる機会がなかったら残念だろうね」とヤーヤはエンパイア誌に話す。

また、『アクアマン』や『アス』への出演が記憶に新しいヤーヤは、以前から同シリーズの大ファンだそうで「(オリジナル版の)映画は何回も見たよ。俳優であると同時に、出演映画の本物のファンでもいれるわけだ。本当に興奮しているよ」と続ける。

18年ぶりとなるシリーズ新作は、1999年に公開されたオリジナル作から2003年公開の『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』に引き続き、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスがネオとトリニティ役を演じることが決定している一方、ジェイダ・ピンケット・スミスがニオベ役を続役するほか、ヤーヤやジョナサン・グロフ、ジェシカ・ヘンウィックなど新たな顔の参加も発表されている。

しかし、前3作でエージェント・スミス役を演じてきたヒューゴ・ウィーヴィングは、舞台作『ザ・ヴィジット』とスケジュールが重なってしまったことを理由に降板している。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ