二重あごの原因にも!“スマホ首”を解消する簡単ストレッチ

二重あごの原因にも!“スマホ首”を解消する簡単ストレッチ

通勤中の電車で、寝る前にベッドで、休日にソファで…ふと気づくとスマホを何時間も見ていた、ということはない? 同じ姿勢を長時間続けることで、首に負担がかかり?スマホ首″と呼ばれる状態になっている人が多いのだとか。スマホ首を改善するストレッチをスタイルアップトレーナーの才原洋子さんに教えてもらおう。

首こりや肩こりだけではなく、二重あごや腰痛の原因にもなるスマホ首

首の骨は本来緩やかに湾曲しているもの。けれども日常的にスマホを長時間見ていると、次第に湾曲がなくなり、“ストレートネック”と呼ばれる状態、つまり“スマホ首”になってしまうのだそう。

「頭は体重の約10%の重さがあると言われています。ストレートネックだと、頭の重さがそのまま首にのしかかり、大きな負担となるのです。スマホ首は、首こりや肩こりだけではなく、二重あごの原因にもなります。さらに首の骨が前傾すると、その下にある背骨が丸くなります。するとさらにその下にある腰の骨はバランスをとろうとして反ってしまいます。つまりスマホ首は、腰にまで影響を及ぼし、腰痛を引き起こすこともあるのです」(才原さん)



首を正しい位置に戻す!スマホ首改善ストレッチ

そこで才原さんに教えてもらったのが、首を正しい位置に戻して、スマホ首を改善するストレッチ。
1:5cm程度の厚さに畳んだバスタオルを枕にしてあお向けになり、ひざを立てる。
2:両手を胸の前でクロスし、あごをできるだけ引く。
3:後頭部で枕を床に押しながら、肩甲骨のあたりを床から浮かせる。ひじは胸の脇あたりを押して、鎖骨を横に開くようなイメージで。そのまま15秒キープ。これを3回繰り返す。

「即効性があり、ストレッチ後すぐに首の位置が後ろになったことを感じられる人も。ただし、あごやひじが上がってしまうのはNG。しっかり引くのがポイントです。朝起きた時や夜寝る前では、ベッドの中でそのままできるのでおすすめです。その場合は普段使っている枕でもOKです」(才原さん)



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】夏までには痩せる!と思っていたのに気づいたら季節が一周してた時に読む話(後編)
切り株やトナカイモチーフも!Xmasプレゼントのようなワクワクが詰まった「ザ・ペニンシュラ東京」の【クリスマスケーキ2021】
エメラルドグリーンほか宝石色が光り輝く!「よみうりランド ジュエルミネーション(R)」の【イルミネーション2021】
豊洲にチームラボのアート空間で食べられるヴィーガンラーメンが登場【サステナブルチャレンジ】