パパだって育児がしたい!お願いするときの5つのコツ

パパだって育児がしたい!お願いするときの5つのコツ

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。ママたちから「パパにもっと育児に参加してもらいたい」とご相談を受けることが多く、実際に私も上の子がベビーちゃんのころは同じように感じていた時期もありました。ですが、今ではわが家のパパは、巷で言うイクメンと化しています。そこで今回は、パパにも育児に参加してもらうコツをお伝えいたしますね。

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。ママたちから「パパにもっと育児に参加してもらいたい」とご相談を受けることが多く、実際に私も上の子がベビーちゃんのころは同じように感じていた時期もありました。ですが、今ではわが家のパパは、巷で言うイクメンと化しています。そこで今回は、パパにも育児に参加してもらうコツをお伝えいたしますね。

 

パパだって育児に参加したい?!

多くのママから、パパは「おむつを替えてくれない」「ちょっとした時間でも見ていてくれない」「夜泣きや夜中の授乳に起きてくれない」などとお聞きします。

 

一方、パパはというと「何をどうしていいのかわからない」「小さくて触るのがこわい」「寝ていると全然気付かない」と、育児に参加したくないわけではないみたいなのです。

 

ママからの「え?!」という声が聞こえてきそうですが、ここはひとつ「そうなのね~♡」と、パパの不安と言い分を受け止めてあげてくださいね。

 

 

パパにお願いするときの5つのコツ

相手の気持ちを受け止めることは、自分の気持ちを受け止めてもらうためにはとても大切なこと!しっかりと受け止めてくださいね。受け止めたら今度はママのしてほしいことを伝える番です!!これにはちょっとしたコツがあります。 

 

1. いっぺんに多くのことを望まない

2.「〇〇やって!」というような命令口調で言わない

3. やってほしいことは丁寧に説明する

4. 結果がどうであれ、グチグチ言わない

5. 「ありがとう、助かったよ」などのお礼はきちんと言う

 

お子さんと一緒にいられる時間が少ないパパには、少しずつ育児に参加してもらうといいでしょう。そして、結果はどうであれグチグチ言わずに、やろうとしてくれた気持ちに「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えてくださいね。 

 

関連記事:

ピックアップ

掃除にまつわる「名もなき家事」のリアル。夫よ、ゴミ出し日を把握して!夫とうまく分担するには…?
<元カノ大好き義母>「あれ、誰…?」輝かしい結婚式当日。義母の側にいたのはまさかの…!?
専業主夫のワンオペ育児!男性が育児をするには困ったことだらけ…【新しい家族のカタチ】
「痛い!」美容院で大暴れの、音に敏感な息子。自宅でカットしても嫌がられ、私はだんだん憂うつに…