6月10日は「こどもの目の日」6歳で1.0の視力をめざそう! 近年では幼児からできる治療法も【眼科医監修】

6月10日は「こどもの目の日」6歳で1.0の視力をめざそう! 近年では幼児からできる治療法も【眼科医監修】

子どもの近視が増えています。日本眼科啓発会議は、毎年6月10日を「こどもの目の日」に制定し、「はぐくもう 6歳で視力1.0」をスローガンに掲げ、子どもたちの視力の成長を見守り、目の健康を推進するための活動をしています。
増加傾向にある子どもの近視と近視抑制の治療法などを、小児の近視に詳しい、都立広尾病院 眼科医長、東京医科歯科大学眼科学教室 非常勤講師 五十嵐多恵先生に聞きました。

幼稚園児の約4人に1人は、裸眼視力1.0未満

近年、子どもの目の健康で問題となっているのが近視です。低年齢化が進んでいます。

――子どもたちの近視の状況を教えてください。

五十嵐先生(以下敬称略) 2023年11月、文部科学省が発表した「令和4年度学校保健統計」によると、裸眼視力1.0未満の幼稚園児は、2022年は24.95%でした。約4人に1人は裸眼視力1.0未満ということです。この数字は、数年間、微増、微減を繰り返しているものの大きな変化はありません。統計で最も少ないのは約40年前の1981年です。そのときは14.93%でした。2022年と比較すると、約1.7倍に増えていることになります。

小学生の裸眼視力1.0未満は、2022年は37.88%です。幼稚園児と比較すると、約1.5倍増です。

近視の原因は眼軸長の伸び

近視の原因は、環境の悪化などによって眼軸長が伸びることです。俵のように伸びた眼軸長(右)は、正視眼(左)のように縮むことはありません。

――子どもの近視のしくみを教えてください。

五十嵐 近視は、眼軸長(眼球の前後方向の長さ)と角膜や水晶体の屈折力(光を集める力)のバランスがよくないために発症します。正視の場合は、遠方からきた光線が網膜上で焦点を結びますが、近視だと網膜の手前で焦点を結んでしまいます。そのため近くの物を見るときにはピントが合いますが、遠くの物を見るときはピントが合わずぼやけて見えるのです。
近視の原因となる眼軸の伸びは、注意しなければ15歳ごろまで顕著に見られます。低年齢から発症するほど、眼軸が伸びて近視は進行しやすいです。近視の発症を予防する生活スタイルを身につけて、低年齢で近視を発症させないように配慮してもらいたいです。

――子どもたちの近視が増えている理由を教えてください。

五十嵐 ゲームやスマホ、タブレットなどを近くで見るということが一因です。近視の進行を抑制するには、目と画面の距離は30cm以上離すことが推奨されています。
シンガポールの調査では、視距離が30cm以下で読書をする子どもは、1.8倍も近視の発症リスクが高いことがわかっています。

――ゲームやスマホ、タブレットなどの使用時間も関係があるのでしょうか。

五十嵐 ICT機器の使用の規制は、たとえばカナダやニュージーランドでは乳児は0分、幼児は1時間以内です。
アメリカは、幼児は質の高いプログラムならば共同視聴で1時間以内と規制を設けています。日本は規制がないため、ママ・パパがしっかり使用時間などを管理したほうがいいでしょう。

ヨーロッパの調査では、近視でない子どもたちの1日のデータ使用量は約600MB。近視の子どもたちは約1131MBと約1.9倍という結果もあります。近視が進行している子はICT機器の使用時間が多い傾向があることがわかります。

関連記事: