妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気

妊娠を人生で最もハッピーな出来事のひとつと感じる女性は少なくありません。けれど、厳しいことをいうと、妊娠は「始まり」にすぎません。無事に出産して赤ちゃんをこの手に抱くまで、何があってもおかしくないのです。 注意して避けら […]

妊娠後期(28~40週)

前置胎盤

胎盤の位置が通常より低く、子宮口をふさいでしまっている状態をいいます。
初期ほど多いですが、子宮が大きくなると共に子宮口から胎盤が離れていくことがほとんどです。もしも後期になっても子宮口の近くに胎盤があるようだったり、そこから出血を起こしたりしていれば、臨床上前置胎盤として見なされるようになります。大量に出血することがあるため、お母さんは注意が必要です。
通常赤ちゃんへの健康上の影響はありませんが、子宮口がふさがれているため帝王切開でのお産となります。また、緊急となることも多いです。

過期妊娠

出産予定日から2週間経ってもお産が始まらないことをいいます。
子宮の中で赤ちゃんが育ち過ぎたり、大きくなり過ぎたり(巨大児)してお産が困難になるほか、胎盤の機能低下や羊水の現象によって母子共に負担を強いられます。分娩誘発や陣痛誘発しても反応が鈍い時は、帝王切開で産むことになります。

関連記事:

配信元

カラダのキモチ
カラダのキモチ
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。

ピックアップ

妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?
妊活中の予防接種&感染症予防ガイド