第二子を望んでの不妊治療の日々。卵が採れなかったり、胚移植日と長女の保育園行事が重なったり

第二子を望んでの不妊治療の日々。卵が採れなかったり、胚移植日と長女の保育園行事が重なったり

不妊を心配したことがある夫婦は2.6組に1組。また、不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦は4.4人に1人と、年々増加しています(※)。年齢とともに妊娠率は徐々に低下し、2人目がなかなか授からない「2人目不妊」に悩む人も少なくありません。

漫画家の藤本ハルキさんは、不妊治療で駆け抜けた日々を記したコミックエッセイ『不妊治療1800日~入院、闘病を経て39歳で二児の母になりました!~』を出版。この本は、不妊に悩むママたちの大きな共感を呼びました。藤本さんに2人目の不妊治療と、現在の2人姉妹の子育ての話を聞きました。全2回インタビューの2回目です。

※厚生労働省「不妊治療と仕事との両立サポートハンドブック」より(2021年調査)

「また赤ちゃんを抱きたい!」と2人目の不妊治療へ

――藤本さんは第一子を出産後、2年後に再び不妊治療を開始しました。そのきっかけは?

藤本さん(以下敬称略) 「もう一度、新生児の赤ちゃんを抱いてみたい」という思いがありました。最初の不妊治療を33歳で始めるときに「最長でも40歳までだよね」と夫婦で同意していたのですが、36歳で長女が生まれてくれて、1歳になり保育園に預けて育児に少し余裕ができたときに、「もう一度チャレンジしてみようか」と改めて夫と話し合いました。

でも人間ドックに行ったりして自分の体調やまわりの環境を整えていたら、あっという間に1年がたっていました。そして2年半ぶりに、長女のときにお世話になった不妊専門クリニックに行きました。

うまくいかない! 3年ぶりの治療再開にブランクを感じて…

――2人目の不妊治療はどのように進みましたか。

藤本 長女のときに使わなかった受精卵を、胚盤胞(はいばんほう)という状態にまで培養して冷凍保存していたので、それを移植することになりました。でも、長女を産んでから約3年たっていたこともあってか、着床したものの、その先はうまく進まなかったんです。

次はまた採卵からスタートすることになったのですが、私がクリニックで行っていたのは体にやさしいけれどたくさん採卵できない「低刺激法」です。しかも私は卵巣機能の目安になる「アンチ・ミューラリアン・ホルモン(AMH)」の値が同年代の人よりも低いことがわかり、あせりから気持ちが揺れ動きました。

「もう40歳まで時間がないし、別のクリニックに行って、今より体への負担がかかってもたくさんの卵子を採卵したほうがいいのかな?」と夫に相談したら、「たくさん卵が採れたとしても胚盤胞まで育つかどうかはわからない。大事なのは良質な卵が採れるかどうかということ。先生が提案している今の治療法でいいのでは?」とはっきり言われて、確かにそうだな、と思い直すことができました。

関連記事: