「ママが診察中、大泣きした我が子。他の患者さんに声をかけられ怒られると思ったら…」子連れ外出でのほっこりエピソード

「ママが診察中、大泣きした我が子。他の患者さんに声をかけられ怒られると思ったら…」子連れ外出でのほっこりエピソード

子どもを連れて外出となると、想定外のこともよく起こりますね。そこで、「たまひよ」アプリユーザーに、子連れ外出での嬉しかった体験や困った体験についてアンケート調査。
子育てアドバイザーの高祖常子さんに、子連れ外出のポイントを聞いてみました。

もっとも多く寄せられたのは外食時のエピソード

最初にみんなの声からご紹介します。

嬉しかったエピソードは外食に関するものが多いよう

「レストランで誕生日にお願いしたコース料理の食事中に息子が泣き出してしまい…。私と夫は大急ぎで料理をかき込み、デザートは諦めてお会計をお願いしようとしたら、店員さんが『抱っこしてるのでデザート食べてください』と言ってくれた。
お店も決して暇な時間帯じゃなかったのに、店員さんの気持ちがありがたくて嬉しかった」(あとあ)

「産後うつでまともに食事ができなくなってしまって、それでも上のお兄ちゃんと赤ちゃん連れで回転寿司へ行ったら、私がなんとか飲めるオレンジジュースを、何回もお兄ちゃんがドリンクサーバーに取りに行ってくれた」(サラン)

「ランチを予約して行ったら、席にベビーマット、かけ毛布、ぬいぐるみのセットが用意されていた!あたたかい気持ちになりました」(TAMA)

「(セルフサービスのお店で)大人用の器を赤ちゃんが触ってしまい、食べるのも片付けるのも大変だった時、近くに座っていたご婦人が『片付けますよ』と手伝ってくださったことが嬉しかったです」(レオママ)

「バスを降りようとした時に、乗客の女性に『手伝いましょうか』と親切に声をかけてもらったこと。でも、ベビーカーでバスに乗った時に迷惑そうな顔をされたことも…」(はるな)

「今まで子ども連れで外食に行っても嫌な顔をされたことが一度もないことが嬉しいです」(あい)

関連記事: