「自分の不注意が許せない」部下の完璧主義が過剰すぎ...?彼を変えた壮絶な過去の出来事

「自分の不注意が許せない」部下の完璧主義が過剰すぎ...?彼を変えた壮絶な過去の出来事

「40代の男性です。とても優秀な部下のS君がいるのですが、彼の欠点は慎重すぎる性格。でもそうなってしまう理由があったようで…」
アラフォー、アラフィフ世代の女性を中心に、実体験エピソードを寄せてもらいました。年齢を重ねると健康や人間関係、お金などさまざまな問題が発生しますが…。あなたならこんな時、どうしますか?

■優秀だけど人より仕事が遅い部下のS君
私(49歳)の勤め先の部下のS君(30歳)の話です。
S君は今年で入社10年、とても優秀でミスなく仕事をこなす頼りになる部下です。
性格は明るくて誰にでも優しく、みんなに慕われています。
同期の社員の中で1番に係長に昇進した程、会社からの期待が大きい存在です。
そんなS君にも1つだけ欠点があります。
それは完璧すぎる性格。
何事も完璧にこなそうとするので、準備やチェックにとにかく時間をかけます。
例えば、他の人が1時間で作るような書類を2時間かけて作るのです。
なぜ、そんなに時間がかかるのか聞いてみると、誤字脱字のチェックを5回行っているとのこと。
チェックが完了するまで、誰が何を言っても提出しません。
「とにかく間違ってはならない」が口癖のS君。
特に驚かされたのが、車に乗るときです。
まず、乗車前に車の周辺や車の状態を入念にチェックします。
タイヤの空気が減っているような気がしたら、急いでいても近所のガソリンスタンドに行って空気を入れなければ気が済みません。
車体の下まで確認する徹底ぶりで、客先への外出などで同乗するときだとイライラします。
その他にも残業があって私とS君が2人で事務所を閉める際には、事務所内の戸締まりを3回確認するまでは帰ろうとしません。

■S君を几帳面人間に変えた過去の出来事
なぜ、そのような性格なのか気になって、S君に理由を聞きました。
最初はなかなか教えてくれませんでしたが、しぶしぶ話してくれたところ、S君が高校生の頃、バイクを運転している際に交通事故を起こしかけたそうです。
一歩間違えば子どもの命を犠牲にしてしまう可能性があったほどで、状況的にもギリギリだったよう。
その原因を調べてみると単純な整備不良が原因で、気をつけていれば防げるものだったそうです。
その事故はS君にとってもそうとう怖かったらしく、それ以来バイクには乗らなくなったとか。
そして、自分の不注意がどうしても許せなくなり、何事につけても何度も何度も確認するようになったそうです。
いまの性格になった背景を聞いて納得しましたが、私としては何とかその完璧主義な性格を直せないものかと考えてしまいます。
確かに仕事でのミスは入社してから記憶にないほど完璧ですし、時間がかかってしまった分は残業してでも取り返すので誰も文句は言いません。
しかし、過剰なまでの几帳面さ、確認癖はちょっと心配になってしまいます。

関連記事:

毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
「毎日が発見ネット」は「人生のちょっと先のことがわかる!」をテーマに、健康、ライフプラン、くらし、趣味など、生活に役立つヒント満載のサイトです。 また、オリジナルの漫画コンテンツも好評配信中です!
「毎日が発見ネット」は「人生のちょっと先のことがわかる!」をテーマに、健康、ライフプラン、くらし、趣味など、生活に役立つヒント満載のサイトです。 また、オリジナルの漫画コンテンツも好評配信中です!