考えれば考えるほど自己嫌悪・・・難しい子どもの叱り方

考えれば考えるほど自己嫌悪・・・難しい子どもの叱り方

こんにちは。ママライターの手塚みくです。子どもを叱ったあとに後悔してしまうことはありませんか?ママだって感情的になってしまうことはあります。あるとき私は、子どもの叱り方がわからなくなってしまいました。そんな私が子どもを叱るときに大切にしていることを紹介します。

 

 

こんにちは。ママライターの手塚みくです。子どもを叱ったあとに後悔してしまうことはありませんか?ママだって感情的になってしまうことはあります。あるとき私は、子どもの叱り方がわからなくなってしまいました。そんな私が子どもを叱るときに大切にしていることを紹介します。

 

子どもを叱ったことに対するママの自己嫌悪

私の育児の中でのいちばんのストレスは、”自分が思うときに、やりたいことができないこと”だと考えています。自分の時間がないことや、家事などを思うようにできないときに、つい感情的になってしまいます。

専業主婦の私は、1日中2歳の息子と一緒に過ごしています。ある日、掃除をしたあとにジュースをぶちまけられ、つい大きな声を出してしまいました。いつもならすぐに片付けるだけなのに、その日は息子をびっくりさせてしまいました。

 

子どもを叱ることは必要なの?

叱ったあとの子どもの顔を見ると、叱るとはどういうことなのかわからなくなります。「今のは叱るべきだったのか」「八つ当たりだったのかも」など、考えれば考えるほど自己嫌悪に陥ってしまいます。

そんなある日、息子がまたジュースをこぼしました。息子は汚れた服を見て「ママ、せんたくしなきゃ」と言ってきました。その言葉を聞いて、息子は私が言っている言葉を理解して、いつも私の家事を見ていることに気付きました。

 

 

関連記事:

ピックアップ

<卵巣のう腫体験談>「よ、よかった!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!?
<ママ友の勧誘>「なんで…」ママ友からの突然の着信に動揺!ついにママ友が動き出し…!?
「ぎょ、高すぎ!」結婚式の見積もりにびっくり。しかし彼はまさかの反応で…
乳幼児の発熱!家で様子見で大丈夫?感染してたら?受診のタイミングは?ママの疑問を助産師が解決!