「認知症の原因」となる可能性の高い食べ物はご存知ですか?医師が解説!

「認知症の原因」となる可能性の高い食べ物はご存知ですか?医師が解説!

認知症の原因とは?Medical DOC監修医が認知症の原因・種類・急激に進む原因・食べ物や予防法などを解説します。

≫「認知症になりやすい人の口癖」はご存知ですか?なりやすい人の特徴も医師が解説!

監修医師:
村上 友太(東京予防クリニック)

医師、医学博士。福島県立医科大学医学部卒業。福島県立医科大学脳神経外科学講座助教として基礎・臨床研究、教育、臨床業務に従事した経験がある。現在、東京予防クリニック院長として内科疾患や脳神経疾患、予防医療を中心に診療している。
脳神経外科専門医、脳卒中専門医、抗加齢医学専門医。日本認知症学会、日本内科学会などの各会員。

「認知症」とは?

認知症とは、記憶力や判断力、思考能力、情報処理能力などが低下して、日常生活に支障が出ている状態を指す病名です。
認知症では一般に運動機能は保たれますが、外出先で道に迷う、大切なものをなくしてしまう、家族を含めて周囲の人とよく衝突してしまうなど、いろいろな問題が生じます。病気が進行すると自宅での生活が困難となってしまうことも少なくありません。
実際に認知症は高齢者の介護が必要になる原因疾患の第一位であり、認知症を理由にグループホームや有料老人ホームに入所している人も多くいます。
日本国内では高齢化を背景に認知症の方が増えており、2025年には認知症の有病者数は約700万人(有病率:20%程度)といわれています。非常に身近な病気である認知症について詳しく解説いたします。

認知症の種類

認知症は、記憶力の低下が主体となる「アルツハイマー型認知症」、幻視があり、認知機能の変動が目立つ「レビー小体型認知症」、性格が変わり、非常識な行動をとりやすくなる「前頭側頭型認知症」、脳梗塞を原因で発症する「血管性認知症」などに分類されます。
認知機能が低下する原因には、その他にも脳脊髄液の流れが悪くなることによる水頭症や、ビタミン欠乏、アンモニアの貯留、環境要因などによるせん妄などさまざまなものがありますが、今回は認知症の代表的な4つの病気について解説します。
下記で説明する症状が疑われる場合には、家族同伴で、脳神経内科や脳神経外科、精神科、認知症外来を受診してください。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症とは、変性したアミロイド(アミロイドβ)やタウというたんぱく質が脳に蓄積することで発症する認知症で、最も有病率の高い認知症です。
昔の記憶は比較的保たれますが、直近の記憶(即時記憶、短期記憶)が失われやすいという特徴があります。予定を忘れてしまう、物をよくなくす、同じ話をよくする、同じものを繰り返し買ってきてしまうなどの症状がみられます。
初期には記憶力以外にはほとんど障害はなく、身なりを整えたり、状況に応じた対応をしたり、仕事をこなしたりすることは問題なくできます。そのため、本人も認知症であるという自覚がないことが多く、物を置いたことや、予定を立てたこと自体を忘れてしまいます。そのため、物をなくした場合には「誰かに盗られた!」、予定を忘れた場合には「そもそもそんなことは聞いていない!」と、周囲の人とトラブルになることも少なくありません。

脳血管型認知症

脳血管型認知症は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害により発症する認知症です。
脳血管性認知症の特徴は、ある時から突然に認知機能が低下することといわれています。
脳の障害を受ける場所によって、会話が成り立たない、計算ができない、ぼんやりとして反応が鈍い、などとさまざまな症状がみられます。
急激に認知機能が悪化した場合には、迅速な治療でさらなる認知機能の悪化を防いだり、部分的に改善させたりすることが期待できるため、すぐに医療機関を受診してください。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、α-シヌクレインというタンパクの蓄積が発症に関与する認知症です。その場に存在しない人が見えること(幻視)や、寝相が悪くなること(レム睡眠行動異常)、注意力の低下、日によって過度に眠くなるあるいはぼんやりすること、などが特徴です。動作の緩慢さや関節の動きの固さなどの症状(パーキンソニズム)がみられることもあります。
早期には仕事の能率が低下したり、ケアレスミスが増えたり、自動車の運転に支障(標識の見落す、道に迷うなど)をきたしたりなどの症状がみられます。車の運転が危なくなってきたなど気になる症状があれば、早めに医療機関を受診してください。

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症は、タウやTDP-43、FETというたんぱく質が発症に関与する認知症です。
行動変異型と原発性進行性失語症という2つのタイプに分かれます。
行動変異型の症状は、欲しいなと思ったものを持ち去ってしまう、公共の場で排尿をしてしまうなどの非常識な行動をとるなど、周囲への関心が乏しくなる一方で、特定の時間に散歩をするなど特定の行動にこだわってしまうことが特徴的です。
原発性進行性失語症では、うまく言葉を話せなくなったり、単語の理解が困難になったりと失語の症状が出現し進行していくことが特徴的です。
行動変異型は窃盗や強制猥褻などの問題行動をしてしまう一方で、本人は自分の異常な行動に自覚がないことも多く、周囲とも衝突しやすいため、特に注意が必要です。原発性進行性失語も症状の進行とともに意思疎通が取りづらくなり、介護が難しくなります。

関連記事: