ドラマでも話題!親子に笑顔が増える アドラー流「勇気づけの子育て」

ドラマでも話題!親子に笑顔が増える アドラー流「勇気づけの子育て」

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。今日は、私の子育てや考え方の土台であり、こちらでお伝えしている記事の土台にもなっている、アドラー心理学との出会いと、アドラー流の「勇気づけの子育て」について、私なりの考えをお伝えいたしますね。

共感するとは?

「子どもの興味関心に興味関心を持つ」とは、“子どもの立場になって、見て、聴いて、心で感じる”ということです。私はこのことを聞くと、停止していた頭に言葉がスーっと入ってきました。「そうか、そうなのか!子どもと同じ場所に立てばいいのね♪」と再び心が躍りました。

 

もちろんアドラー心理学のいう“勇気づける”は、共感だけではなく、子どもを信頼し、尊敬することも、なくてはならない大切なことです。

 

共感がアドラー流の第一歩

ですから、ママがお子さんに対して「共感」することができれば、よりよい親子関係が築いていけるのだと私は考えています。たとえ、言葉がうまく話せない赤ちゃんでも自分の意思を持ち、泣いたり笑ったり、手を叩いたり、足をバタつかせたりしながら自分の思いを伝えようとします。そして、ママの思いを受け取る力も備えています。

 

ぜひお子さんに共感し、コミュニケーションをとり、ママとお子さんの笑顔が増える、アドラー流の「勇気づけの子育て」への第一歩を踏み出してみてくださいね。

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里祐子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「なんで見てくれないの?」住宅展示場で子どもを放置状態にする夫。思わず激怒するとまさかの返答が…
<保育園トラブル> 「何なの!?この保育園」やさしい園長先生と思った矢先に驚愕の発言をし始め…
「そうか」テレビ電話をかけてきて、急に無表情になった父。父の顔を曇らせた私のひと言とは…
<ヤバいママ友>「シホさんは騙されてる!」夫を見てからママ友の態度が急変!行動もエスカレートして