2人目はいつ産むのがベスト?マネープランから考える子どもの年齢差とは

2人目はいつ産むのがベスト?マネープランから考える子どもの年齢差とは

お子さんがひとり生まれたご家庭では、もうひとり子どもを考えるケースもあると思います。実際のご相談でも、「経済的に2人目はいつ産むといいですか?」とご質問をいただくこともあります。

 

お子さんがひとり生まれたご家庭では、もうひとり子どもを考えるケースもあると思います。実際のご相談でも、「経済的に2人目はいつ産むといいですか?」とご質問をいただくこともあります。

 

子育てのしやすさや体調、お仕事の状況などから、適切な年齢差もそれぞれあると思います。今回は、マネープランの観点から1歳差~5歳差までの年齢差のおもなメリット・デメリットをお伝えします。

 

1歳差のおもなメリット・デメリット

メリット

①受験などの行事が重複しない

②育児用品や衣料品を2人目に使いやすい

③市区町村からの就園奨励補助金が加算されやすい

④きょうだいが、同じ幼稚園・保育園の場合、割引を受けられる可能性がある

 

デメリット

受験などの行事が2年連続になり、学用品の購入や入試の費用も連続する

 

2歳差のおもなメリット・デメリット

メリット

①市区町村からの就園奨励補助金が加算されやすい

②きょうだいと同じ幼稚園・保育園の場合、割引を受けられる可能性がある

 

デメリット

受験などの行事は重複しないが、上の子の受験時期と下の子の入学時期(例:中学3年と中学1年)が重なる

 

 

関連記事:

ピックアップ

<夫が在宅勤務に!> まだまだ未熟な夫婦だからこそ、どうやって向き合っていくのが良いのだろう…?
「連れ戻しに来たんだ!」家出したあと夫がついに実家にやって来た!焦った妻は?
<0日婚>「アンタは男見る目ないんだから」母のひどすぎるひと言!結婚にも猛反対されてしまい…
専業主婦は家事をきちんとしないといけない?洗っても洗っても追加される食器に嫌気がさした私は…