3人に1人が目撃!そのうち9割超が「不快な気持ちになった」と回答、スーパーや百貨店などで遭遇しやすいこととは?

3人に1人が目撃!そのうち9割超が「不快な気持ちになった」と回答、スーパーや百貨店などで遭遇しやすいこととは?

社内規程管理クラウドの企業向けサービス「KiteRa Biz(キテラビズ)」と、社労士向けサービス「KiteRa Pro(キテラプロ)」を展開するKiteRa(キテラ)は、カスタマーハラスメント(カスハラ)について全国20代以上の男女601名を対象にアンケート調査を実施しました。

約3人に1人が、カスハラの発生場面を「目撃したことがある」

「カスハラ」とは顧客が企業に対して理不尽なクレーム・言動をすることを指します。

「カスハラが発生している場面を目撃したことはありますか」との質問に対し、「はい」と回答した人は34.1%。約3人に1人がカスハラに遭遇したことがあることが判明しました。

カスハラが発生する場所、「スーパーや百貨店などの小売店」が約6割

カスハラを目撃したことがある人に対し、「どの場面で遭遇したことがありますか」と質問したところ、スーパーや百貨店などの「小売店」が最多で59.5%に。次いで「飲食店」が32.2%、鉄道やバスなどの「公共交通インフラ」が22.0%でした。

関連記事: