失敗したからこそお伝えしたい!ママ友デビューのほろ苦い思い出

失敗したからこそお伝えしたい!ママ友デビューのほろ苦い思い出

こんにちは。ママライターの東慶子です。「ママカースト」など、「ママ友」というとネガティブな印象やトラブルを想像される方もいらっしゃるかもしれません。でも、ママ友って素敵な存在でもあります。今回は、私のほろ苦い失敗から学んだことをお伝えしたいと思います。

大丈夫!子どもが橋渡しをしてくれる!

しかし、幸いなことに、子どもが友だちと関わるようになった2歳ごろから、子どもを介して、自然なお付き合いができるママ友ができました。

 

子どもが成長するにつれて、私にとってのママ友の存在もかけがえのないものになってきています。同年代の子どもを育てる同志として、悩みもよろこびも共有できる、そんな素敵なママ友に出会うことができました。けれど、ここまでの道のりは長く、失敗もたくさんしました。

 

 

仲よくなるにつれ、ママ友ゆえにうまくいかない人もいるかもしれません。でも、進学や習いごとなどで子どもの所属が変われば、ママ友の状況も変わることが多いです。難しいことかもしれませんが、あまり悩みすぎずにママ友付き合いをしていきたいですね。(TEXT:ママライター東慶子)

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「入籍日に急にDVが始まった…」酒癖の悪いDV夫と離婚、2児のシングルマザーになりました
「女の子を産まないと失格よ」次男を妊娠中、義母に言われた衝撃的な言葉。その後、長男にも影響して…
「私に限って絶対ない」と思っていたのに。上の子に対して強い拒絶反応が…
「何かのお祝い?」ってまさか、義両親は孫の誕生日を忘れてる!?理由はもしかして…