白身魚・赤身魚・青魚 いつから赤ちゃんに食べさせていいの?

白身魚・赤身魚・青魚 いつから赤ちゃんに食べさせていいの?

こんにちは。今日は離乳食期のお魚についてお話しします。魚にはDHAを含め、良質なたんぱく質が含まれているので、ぜひメニューに取り入れてくださいね。でも、いつからどんな魚がいいのでしょうか?

 

 

こんにちは。今日は離乳食期のお魚についてお話しします。魚にはDHAを含め、良質なたんぱく質が含まれているので、ぜひメニューに取り入れてくださいね。でも、いつからどんな魚がいいのでしょうか?

 

最初に食べさせていいのは白身魚

 

まず、離乳食でいちばん最初に食べさせていいお魚は、鯛、ひらめ、カレイ、たらなどの白身魚。白身魚は脂肪が少なく、淡白な味、加熱するとやわらかくなるので、5〜6カ月ごろから食べさせる魚としておすすめです。加熱したあと、すりつぶして出汁やお湯でのばし、ペースト状にして食べさせてあげてくださいね。

 

白身魚食べていいもの・ダメなものリスト >

 

9カ月ごろからは赤身デビュー!

 

白身魚に慣れ、9カ月ごろになったら、赤身のお魚を食べさせてみましょう。赤身魚とは、まぐろやかつおなどです。赤身の魚は加熱をするとかたくなりやすいので、ほぐしてあげたり、とろみをつけてあげるといいでしょう。

 

身魚食べていいもの・ダメなものリスト 

 

関連記事:

ピックアップ

「あんまりだ…」つらすぎる!出産後、びっくりした義母の行動とは?
「産みたかったのに…」医師の衝撃発言でショックのあまり言葉を失い…【2人目は巨大児32】
「感動…!」泣いていた娘がスヤスヤ!寝かしつけがスムーズになった抱っこひも【体験談】
「忘れた…!」男性ばかりの職場で動けない!そのとき、上司から…!?