「妊婦さま」になっていない?気を付けたいマナー

「妊婦さま」になっていない?気を付けたいマナー

待望の妊娠はとってもうれしいこと。でも、幸せな気持ちでいっぱいになって、周りが見えなくなっていませんか?「妊婦だから」と周りの人から煙たがられないよう、自分の行動を振り返ってみましょう。もしかしたら思い当たることがあるかもしれませんよ。

 

待望の妊娠はとってもうれしいこと。でも、幸せな気持ちでいっぱいになって、周りが見えなくなっていませんか?「妊婦だから」と周りの人から煙たがられないよう、自分の行動を振り返ってみましょう。もしかしたら思い当たることがあるかもしれませんよ。

 

「妊婦だから当たり前」は考えものかも

妊婦さんの体調は不安定。初期はつわりがひどく、後期はおなかが大きくなってきて立っているのがつらい……。でも、つらいのはあなただけではありません。 たとえば、電車に乗る場面を思い出してみましょう。妊娠後期の妊婦さんはおなかが大きく、妊娠初期でも妊婦さんの目印・マタニティマークをつけている方が増えています。そのため、周囲の方たちに「妊婦さんだ」と気付いてもらいやすく、席を譲ってもらう機会も多いでしょう。

 

しかし、もし「席を譲ってもらって当たり前」という考え方の妊婦さんがいるとしたら……。それはちょっと考えものかもしれません。乗客の方々の中には、見た目は若くて元気そうに見えても、実は病気を患っていたり、具合が悪い人だっているかもしれません。いろいろな人が乗る電車だからこそ、お互いが気遣いあって、気持ちよく過ごしたいですよね。

 

みんなが同じ気持ちだとは限らない

日に日に大きくなっていくおなかは、ママにとってとても愛しいものです。そして、旦那さんや親族も手放しでよろこんでくれるでしょう。でも、そんな気持ちに共感してくれる人は、意外に少ないということを忘れないようにしましょう。うれしい気持ちを前面に出すのは、家族以外なら親しい友だちなど、心から妊娠をよろこんでくれる人に留めておくのが賢明かもしれません。

 

たとえば、ブログなどの公のツールにプライベートなことを載せすぎると、反感を買ってしまう場合もあります。せっかくうれしい気持ちでいても、意地悪なコメントを見てしまうと落ち込んでしまいますね。ネットに掲載する情報は、いろいろな人が見ているということを意識しておくことも大切です。

 

 

関連記事:

ピックアップ

<夫が在宅勤務に!> まだまだ未熟な夫婦だからこそ、どうやって向き合っていくのが良いのだろう…?
「連れ戻しに来たんだ!」家出したあと夫がついに実家にやって来た!焦った妻は?
<0日婚>「アンタは男見る目ないんだから」母のひどすぎるひと言!結婚にも猛反対されてしまい…
専業主婦は家事をきちんとしないといけない?洗っても洗っても追加される食器に嫌気がさした私は…