【離乳食のキホン】赤ちゃんにはどんな麺類がいつから使えるの?

【離乳食のキホン】赤ちゃんにはどんな麺類がいつから使えるの?

離乳食期の麺類,離乳食の調理法

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。ササッと作れて便利な麺類。子どもも大人も好きな人が多い食材の一つですが、赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか?今日は赤ちゃんが食べられる麺類につてお話ししますね。

 

いつから何を食べられる?

様々な麺類がありますが、各時期によって食べられるようになる麺類は違います。以下は各時期のおすすめの麺類です。

 

離乳食中期

うどん、そうめん、ひやむぎ、(離乳食中期の半ば~)スパゲティー、マカロニ

 

離乳食後期

ビーフン(離乳食後期半ば~)春雨、くずきり

 

離乳食完了期

中華麺(離乳食完了期半ば~)

 

 

麺類で気を付けることは?

やわらかさ 

大人が普段食べる麺類よりも、より軟らかく煮込む必要があります。お箸で触ってすぐに切れるくらい軟らかくしましょう。

 

細かく切る

ツルっと吸い込んでのどに引っかかることもありますので、細かく切る必要があります。 

 

塩分を抜く

うどん、そうめん、ひやむぎなど、塩分が含まれている麺類があります。調理するときは下茹でして塩分を抜きましょう。

 

油分を抜く

例えば中華麺は、油がついています。調理するときは下茹でして油を抜きましょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「風呂は5分で上がれ!」超せっかちな夫の強要。5年間お互いを理解し合えなかった夫婦の行く先とは…
「いなくなったら悲しいよ…」涙を流す母を前に、息子は…#小2の息子がプチ家出9
「シャンプーのたびごっそり」意外と多い「産後の抜け毛」割合は?驚愕のエピソードとは?
「友達やめていいよ」お菓子を持っていかないと遊ばないと言われた息子が…#子どもの友だちがわが家で…小学生トラブル編 5