“尿モレ”の悩みはお尻を鍛えて解消! 1日5分の簡単トレーニング

“尿モレ”の悩みはお尻を鍛えて解消! 1日5分の簡単トレーニング

出産後や加齢で増えてくる尿モレの悩み。お尻の筋肉を鍛えることで、改善させる方法をご紹介します。

お尻に力を入れると効果的な“膣トレ”に

せきやくしゃみをしたり、大笑いしたときに「あっ!」。そんな尿モレで悩んでいる女性は多いもの。

尿モレ専用シートなどもありますが、できればモレない体を取り戻したいですよね。

そんなお悩み解消法としてご紹介するのが「お尻ぷるぷるトレーニング」です。

尿モレを解消するには、膣や尿道、肛門の周辺にある筋肉「骨盤底筋」を鍛えることが重要です。

その方法を一般的に「膣トレ」といいますが“膣を締める”といわれても、どこに力を入れていいかわからない人も多いもの。

でも実は、膣にいちばん近くて面積の大きい、お尻の筋肉“大臀筋”に力を入れれば、連動して膣や尿道周辺まで鍛えられるんです。

お尻ぷるぷるトレーニングのポイントは“お尻を締める”こと。これなら、わかりやすくて、やりやすいはず。

医師もお墨付きのトレーニング法なので、今すぐ始めて、不快なお悩みを解消しましょう。

いちばんのポイントは、女性器周辺の筋肉が軽い筋肉痛で“ダル重”と感じるくらいお尻を締めること。

このトレーニングで筋肉の損傷と回復をくり返し、最短で最大の効果が得られるというのです。

<お尻ぷるぷるトレーニングのやり方>

やり方は、全身が“ぷるぷる”ふるえるくらいお尻にキューッと力を入れ、疲れたら息を吐く。

これを1分間に4~5回くり返すだけ。

1日合計5分を毎日続けて。軽い筋肉痛になるくらい力を入れるのがポイントです。

目安は、お尻の横にえくぼができるくらい力を入れること。

また、お尻の間に指をはさんで、お尻の圧力を感じられるくらい強く閉じましょう。

尿もれが改善し、さらにウエストがくびれる効果も期待できます。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方