便座を下ろさない夫と大衝突! 夫が掃除を担当してくれるまで

便座を下ろさない夫と大衝突! 夫が掃除を担当してくれるまで

私がどうしても許せないことは「トイレの後に便座を下ろさない」行為。
他人から見ればくだらないことかもしれませんが、どうしても許せないことって誰にでもありますよね。
トイレの便座を下げない夫と、それだけはどうしても許せない私が大衝突しました。

「便座は上げっぱなし」が当たり前だった男家系の夫

夫は男3兄弟の長男。5人家族ですが女性は義母だけで、立って用を足す男性が大多数の家庭だったため、トイレを使った後便座をいちいち下げるような習慣はなかったそうです。

一方、私は3人家族の1人っ子。女性は私と母、男性は父だけで座って用を足す私たちの方がトイレを使う頻度が多かったためか、父も使用後は便座を下げてくれていました。

そのため、生活習慣の違いに大激突!

私は男性が便座を下げることは当たり前だと思っていましたが、家族構成によってその常識は変わるのだと、今回の事がきっかけで初めて知りました。

便座を下げる習慣がなかった夫には、私がここまで激怒する理由がわからなかったらしく、「たかが便座で…。」と苦笑い。

その態度にさらに怒りが込み上げ、喧嘩はヒートアップ! お互い正座で向き合い、家族会議にまで発展しました。

そもそも便座を上げっぱなしが何故良くないのか

「そもそも、どうして上げっぱなしがダメなの?」と不思議そうに尋ねる夫。

便座を上げっぱなしにしているということは、トイレのふたを開けたまま排泄物を流しているということ。

トイレは流すたびに大量のしぶきが飛び、ふたをしなければそれが空気中に舞ってしまいます。

たとえば、夫がノロウイルスを持っていた場合、ふたを開けたまま流すと空気中にウイルスが激しく飛散してしまうのです。

ほかにも風水では、トイレのふたを開けたまま流すのは、金運が低下してしまうため良くないと言われているそうです。

また、便座裏は頻繁に掃除をしていてもどうしても汚れやすく、汚れた面が見えた状態で放置されるのも気分が悪いですよね。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方