小児科でほかの病気をもらわないために気を付けることは?

小児科でほかの病気をもらわないために気を付けることは?

冬の感染症が大流行しているこの時期、「小児科に行ったらほかの病気をもらいそう」という声をよく聞きます。赤ちゃんと小児科を受診するとき、どんなことに気をつければいいのか、細部小児科クリニック院長の細部千晴先生に聞きました。

 

冬の感染症が大流行しているこの時期、「小児科に行ったらほかの病気をもらいそう」という声をよく聞きます。赤ちゃんと小児科を受診するとき、どんなことに気をつければいいのか、細部小児科クリニック院長の細部千晴先生に聞きました。

 

待合室にいる時間をできるだけ減らす

小児科に行って病気をもらわないためには、赤ちゃんと待合室にいる時間をいかに減らすかがポイント。それには、「風邪などの軽い症状でかかるときは、大学病院のような大きな病院や、1時間以上待たされる病院・診療所は避けたほうがいいと思います」(細部先生)。

 

最近は、待合室での滞在時間を短くするために、あらかじめ順番予約・時間予約ができる小児科が増えています。病院に並ばなくても、電話やインターネットで予約ができるため、順番が近付くまで家や車で待機することができるのです。そうした小児科は、待合室が患者であふれかえっていることがなく、病院に行ってからも比較的安心して待つことができます。

 

おもちゃと飲み物を家から持参する

ほとんどの小児科にはプレイルームがあって、赤ちゃんを遊ばせることができます。でも、なんでも口に入れたがる赤ちゃんは、病院のおもちゃから病気をもらってしまう可能性もゼロではありません。

 

そうならないようにMyおもちゃを持参しましょう。また、待ち時間が長くなるときは水分補給できるように麦茶などの水分を持って行くのがおすすめ。のどをうるおすことでウイルスの侵入を阻止できるからです。

 

 

関連記事:

ピックアップ

知らないと損!最大2万円分のポイントがもらえる「マイナンバーカードの新制度」
「別れたほうがいい」一方的なサヨナラに彼は…/こじらせ女が結婚-本領発揮編-8
「やっぱりもう…」何もできなくて涙が流れるばかりで… #2度の流産の話 13
「もう帰れないんですか!?」コロナ禍での出産。予想外の入院と選択を迫られて…