どうしたらいい?歯磨きをいやがる息子に試した3つの方法

どうしたらいい?歯磨きをいやがる息子に試した3つの方法

こんにちは。ママライターの藤川智子です。育児の中で、私が難しいなと感じることのひとつが歯磨きです。小さなうちは、歯科衛生士さんのいうように足で手を押さえて磨いていたのですが、1歳半くらいになると力も強くなってきて、口も開かなくなって大変でした。今回は、歯磨きをいやがる息子に試した3つの方法をお伝えします。

 

こんにちは。ママライターの藤川智子です。育児の中で、私が難しいなと感じることのひとつが歯磨きです。小さなうちは、歯科衛生士さんのいうように足で手を押さえて磨いていたのですが、1歳半くらいになると力も強くなってきて、口も開かなくなって大変でした。今回は、歯磨きをいやがる息子に試した3つの方法をお伝えします。

 

お気に入りの歯ブラシでやる気アップ!

ドラッグストアなどには、かわいい歯ブラシがたくさんありますよね。そこで子どもと買い物に行って、一緒に歯ブラシを選んでみました。

 

息子はお気に入りの歯ブラシを持ちたくて、歯磨きの時間が楽しみになったようです。何本か用意して、その日の気分に合わせて選ぶのも楽しいですね。歯磨きジェルもいろんな味があるので、一緒に選ぶといいと思います。

 

楽しみながら歯磨きを!

きらいな歯磨きを遊びのひとつにしてしまおうと、歯ブラシを何かに見立てて、見立て遊びで歯磨きをしてみました。

 

歯ブラシを汽車に見立てて、「〇〇くんのお口のトンネル通ります!シュッポ、シュッポ」と歯ブラシを走らせます。口を閉じてしまうこともあるのですが、「暗くて見えないから進めません、お口開けてくださいね〜」と声かけします。

 

船や飛行機、その日の気分でいろいろなものに見立てているので、「今日は何にする?」など、歯磨きを始めるきっかけの言葉にもしています。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「このお給料で貯金ゼロ!?」夫の金銭感覚にドン引き!貯められない夫のワケとは…
ワンオペ育児で悩んだ2人目。でも産んでよかった!子育てにも変化が⋯!
言語治療を再開することに。試行錯誤を繰り返していたところ、追い風が!
「ちょっとキツイ…」プチセレブな保育園に入っちゃった!ママ友付き合いは続けるべき!?