保険証にも違いがあるの?知っておきたい上乗せの給付金とは

保険証にも違いがあるの?知っておきたい上乗せの給付金とは

病気やケガのときに病院で確認を受ける健康保険証(以下、保険証)ですが、通院の際に、診察代や処方箋を受けたお薬代などの自己負担が3割になることは多くの方が知ってらっしゃると思います。

 

病気やケガのときに病院で確認を受ける健康保険証(以下、保険証)ですが、通院の際に、診察代や処方箋を受けたお薬代などの自己負担が3割になることは多くの方が知ってらっしゃると思います。

 

また、入院や手術などで治療費が多額になったときは“高額療養費制度”で、一定の自己負担を超えると自己負担の一部が払い戻されます。

 

3割の窓口負担や高額療養費制度は、どの保険証でも対象となりますが、一部の保険証では、さらに上乗せの払い戻しが受けられるものあります。そこで今回は、保険証の確認方法とその上乗せの給付金についてお伝えいたします。

 

1.保険証の種類を確認しよう

ほとんどの方が健康保険に加入していますが、勤務先やお住まいの市区町村によってお持ちの保険証は個人で異なります。

 

ご夫婦別々のお仕事をしてらっしゃる場合は、夫婦で保険証が異なることもあります。保険証が異なるという意味は、文末にある保険証の見本やご自身の保険証を確認いただくと、保険証の下の部分にある、保険者名称(健康保険を運営している団体)が異なるということです。  

 

そのなかで、一般的な健康保険である、“全国健康保険協会 〇〇支部”(通称:協会けんぽ)とあるものと、自営業者が中心として加入される、お住まいの市区町村の“国民健康保険”(保険者名称は〇〇市・〇〇区・〇〇町・〇〇村となっています)は、残念ながら通常の保険証なので、上乗せの給付金はありません。

 

上乗せのある可能性のある保険証は、①業種団体の健康保険証(例:〇〇業保険組合など)、②企業グループの健康保険証(例:〇〇グループ健康保険)、③一部の私立学校・公務員の共済組合証(例:日本私立学校振興・共済事業団、〇〇職員共済組合)などの健康保険組合の保険証です。

 

該当する場合は、健康保険組合から配布される冊子やインターネットなどで“付加給付”をご確認ください。一部の健康保険組合では、パスワードが必要なものもあります。

健康保険証の見本 

”保険者名称 を確認して検索してみましょう”

 

 

 

2.上乗せの給付は付加給付と呼ばれる

健康保険組合のホームページを確認すると、どの保険証にも適用される“法定給付”と健康保険組合独自の“付加給付”と呼ばれる上乗せの給付についての案内があることがほとんどです。

 

一部の保険組合では、付加給付そのものがないこともあります。ある有名企業グループの健康保険組合のホームページを確認したことがあるのですが、まったく付加給付がないこともありました。

 

関連記事:

ピックアップ

「は?借金!?」住宅ローン審査で夫のカードローンが発覚!マイホームどころではなくなり…
「うるさいな!」夫のイライラが爆発!八つ当たりされて… #夫が別人のようになった話 6
「持つべきはママ友!」入院の報告&相談したら/40代婦人科トラブル#36
「それが怖いって言ってるんだよぅ」まさか手術なんて…/卵巣嚢腫日記。#7