低すぎもNG! バランスが大切な『コレステロール値』の見方とは?

低すぎもNG! バランスが大切な『コレステロール値』の見方とは?

健康診断や人間ドックの結果で知らされる『コレステロール値』ですが、正しい見方を知っていますか?

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい

コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。

また、コレステロールには、血管壁についた余分なコレステロールを取り出して肝臓に運ぶ役割の善玉コレステロール(HDL)と、肝臓からコレステロールを取り出して全身の血管に運ぶ役割の悪玉コレステロール(LDL)があります。

検査結果を見る時は、善玉と悪玉のバランスに注目

善玉コレステロールが少なく、悪玉コレステロールが過剰になると、コレステロールが血管壁にたまり、血管の内腔を狭くしてしまうため、動脈硬化の原因になります。

そのため、血液検査の結果を見る時など、つい、悪玉コレステロールの値にばかり目が行きますが、大切なのは悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスと総コレステロールの値。

総コレステロール値が高くても善玉コレステロールが多ければ、そこまで問題視する必要はありません。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方