不安がいっぱいの『はじめての離乳食』。覚えておきたいポイントとは?

不安がいっぱいの『はじめての離乳食』。覚えておきたいポイントとは?

離乳食っていつ始めればいいの? 何をどんな風に食べさせればいいの? 赤ちゃんは食べてくれる?
疑問や不安がいっぱいわく、初めての離乳食。
ポイントを押さえれば、離乳食生活をスムーズに送ることができますよ。注意点や始め方などについてご紹介します。

離乳食を始めるタイミングは?

離乳食を始める目安は、生後5~6か月頃。アトピーやアレルギーなどの発症リスクを抑えるためにも、この時期にスタートするのがよいといわれています。

また、赤ちゃんの様子も参考になりますよ。

首がしっかりと座っており、よだれが多く出てきたり、大人が食べているものをじっと見て興味を示し始めたりするのも、離乳食を開始できるサインです。

そして、ママの気持ちも大切です!

初めての育児で大変な思いをしているのに、その上離乳食を始めると思うと、ストレスがさらにかかってしまうママもいるかもしれません。

そのため、「5か月になったからすぐに始めなきゃ」と焦るのではなく、ママの気持ちや赤ちゃんの様子を考慮しながら、離乳食をスタートしましょう。

私の場合、一人目のときは生後5か月を少し過ぎてから始めましたが、二人目のときは二人の子育てで大変だったので、生後6か月位から始めました。

離乳食の始め方

何を食べさせる?

最初のうちは消化の良い食べ物を食べさせます。

初めて与えるものは、お粥が推奨されています。

そして、にんじんやかぼちゃ・じゃがいも・ほうれん草など、徐々に食べられる食品を増やしていきましょう。

お粥自体は柔らかく消化が良いものですが、今までミルクや母乳しか飲んでいなかった赤ちゃんは、粒々を嫌がることが多いです。

私の子どもたちも同様で、すり潰しが甘く米粒の形が残っていたら、はじめのうちは「べーっ」と全部出されていました……。

なので、お粥でもお野菜でも裏ごしたりすり潰したりなどして、なめらかなペースト状にして食べさせるのがおすすめです。

注意点は? 離乳食の注意点をいくつかご紹介します。 初めて食べさせる食材は小さじ1杯から(アレルギー反応が出るかもしれないので) 初めての食材は、1日に1品のみ(アレルギー反応が出た場合、どの食材に反応したのか判別しやすいため) 作り置きしたものを与える場合は、再加熱してから与える(殺菌する) 1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えない(乳児ボツリヌス症にかかることがある) 基本的に味付けはしない(味覚を育てるため)

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方