保育士時代に完璧だった「うんちソムリエの嗅覚」がわが子には通じない?!【エッセイスト・潮井エムコ】

保育士時代に完璧だった「うんちソムリエの嗅覚」がわが子には通じない?!【エッセイスト・潮井エムコ】

SNSや各種メディアで累計30万超いいねを獲得した注目のエッセイスト、潮井エムコさん(31歳)。24年1月に出版した初の著書『置かれた場所であばれたい』には、元保育士としてのエピソードも描かれています。2024年1月に待望の第1子を出産したエムコさんに、現在の子育てについて聞きました。全2回インタビューの2回目です。

紙おむつの“おしっこサイン”を知らなかった夫

――2024年1月に第1子を出産したエムコさん。夫さんと2人での赤ちゃんのお世話の様子を教えて下さい。

エムコさん(以下敬称略) 臨月までさかごがなおらなかったため、妊娠37週で帝王切開での出産となりました。夫には、出産前から「私はおなかを切られるんだから1カ月は動けないと思っていたほうがいいぞ」と言い聞かせていて、夫は2カ月間の育休を取得することに。赤ちゃんのお世話はすべて夫にやってもらうつもりでいたんですけど、退院後は私も予想より動けたので、2人で赤ちゃんのお世話をしました。

私は保育士の経験があるのでお世話のしかたがわかりますが、夫はこれまでの人生で赤ちゃんにかかわる機会がありませんでした。おむつの替え方、ミルクのあげ方、げっぷのさせ方などなど、私が逐一教えることを、夫は一生懸命聞いて実践していました。

――赤ちゃんのお世話をしてみて夫さんはどうでしたか?

エムコ 最初は小さくてふにゃふにゃの赤ちゃんのお世話を怖がっていました。赤ちゃんを抱っこすると体の変なところに力が入ってしまうから、おふろに入れる、ミルクをあげる、など何をするにも「ふぅ〜〜!!」と言いながら、いちいちすごく疲れていました。

赤ちゃんのお世話については私が教えたことしか知らない状態なので、夫の純粋な行動や発言に驚くこともありました。

――たとえばどんなことですか?

エムコ 私が夫におむつを替えを頼んだときに、夫が「エムコはすごいな、赤ちゃんを見ただけでおしっこしてるかがわかるんだね、おれはわかんないよ」って言うんです。「いやいや、紙おむつの線が黄色から青色になってるからおしっこが出てるってわかるんだよ」と言ったら、「え!そうなの?!知らなかった・・・」と。

紙おむつの“おしっこサイン”のことを知らなかった夫は、私が「おしっこが出てるね~」と赤ちゃんに声をかけながらおむつ替えをするたびに、「すごいな、さすが元保育士だ!」と感心していたらしいです。おしっこサインのことを言いそびれていた私が悪いのですが、笑っちゃいました。そんな夫でしたが、今では私が不在の日に1日中赤ちゃんと2人きりでも大丈夫なくらい、しっかりお世話できるようになりました。

全身全霊で「ギャー!!」と泣く姿に成長を感じる

――夫さんの育休の間はどんなふうにお世話を分担していましたか?

エムコ まだまだこま切れ睡眠の低月齢のころ、日中は2人で見ていましたが、夜間は完全に分担していました。夜の7時から深夜1時までの6時間は、私が別の部屋で完全に1人で寝る時間。その間は夫が1人で赤ちゃんを見てくれていました。深夜1時から朝7時までは私がお世話をして夫は休む、という形です。

元保育士とはいえ、私も首すわり以降の赤ちゃんしか預かったことはないので、新生児は対象外。ふにゃふにゃして小さな赤ちゃんに、もし突然なにかあったら、と心配で目を離すのが怖かったんです。低月齢のうちは乳幼児突然死症候群になったらどうしよう、と不安で、夫と交代して目を離さないようにしていました。

夫の育休が終わってからは、平日は昼も夜も基本的に私が赤ちゃんのお世話をしています。現在私は働いていないので、夫には家ではぐっすり寝て、すっきりした状態で仕事に行ってほしいと思っています。

――4カ月になった赤ちゃんの成長の様子を教えてください。

エムコ 首がすわって、ねんねのころとは見える景色が変わったことが楽しいみたいです。お散歩に行くと景色が違うのが新鮮らしく、キョロキョロしてすごくご機嫌です。体もしっかりしてきたから、私のすねに赤ちゃんをうつぶせに乗せて支えて、飛行機みたいに上下させてあげるとケタケタ笑って喜んでいます。そんなふうに触れ合い遊びができるようになってきたのもうれしいです。

また、私の姿が見えなくなると、顔を真っ赤にして涙と汗でびしゃびしゃになりながら、「ギャー!!」っと全身全霊で泣くようになってきました。近くに守ってくれる人が見えないと、生命の危機を感じて泣くフェーズに入ったんだな、と成長を感じます。でも抱っこしてあげるとわりとすぐ泣きやむし、今のところ育てやすい赤ちゃんだなぁと感じています。

関連記事: