子どもは「ギャン泣き」するものと思え!~怒鳴らないママの対応策

子どもは「ギャン泣き」するものと思え!~怒鳴らないママの対応策

みなさんは、外出中に子どもにギャン泣きされてほとほと困り果てたという経験はありませんか?
「眠くてどうにもならない」「怒られて悲しくなった」「欲しいおもちゃを買ってもらえなかった」子どもにとってはどれも一大事なのでしょうが、親にしてみれば他人の目もあるし、とにかく1秒でも早く泣き止んでほしいという気持ちになりますね。

子どもは本当にひっくりかえって足をバタバタさせて泣くもの

我が家の長男は穏やかな性格ですが、次男は自分がこうと思ったら絶対意見を曲げない子。

2歳になる誕生日の前にウルトラマンの変身グッズが欲しいというので、デパートへ下見に行ったときのことです。

まだ誕生日まで2カ月くらいあるので、その日は買い物のついでにおもちゃ屋さんに寄っただけ。

本人にも「今日は見るだけ」と伝えていて、一応納得はしていたのですが、現物を見た途端そんな約束はすっかり忘れた次男は号泣し始めました。

おもちゃ売り場やお菓子売り場でひっくりかえって足をバタバタさせて泣く姿を見て、「こんなテレビでしか見たことがない姿で子どもって泣くのか」と妙に冷静になったものです。

ところが夫は周囲の視線に耐えかねて、「やっぱり買ってくるわ」と海老反りになって泣く次男を私に預けて、おもちゃ屋へ。

変身グッズを手にした次男はピタッと泣き止みました。

2歳前の子どもとはいえ、「泣いておもちゃを手に入れた」という事実は理解していたよう。

その変身グッズを見ながら「泣いて買うてもろたらあかん」と何度もつぶやいているのを見て吹き出しました。

まずは親が冷静になる

公共の場で「ぎゃ~~~」と子ども泣かれると、泣いている理由よりもまず気になるのは他人の目ではないでしょうか。

夫の場合も、「あんなに泣いているのに、なんて親だ」という冷たい視線に耐えかねて、おもちゃを買いに走ったわけです。

何とかしようと思うあまり、「家で約束したやろ!」「誕生日になったら買うから、今日はがまんしなさい!」と正論をまくしたてて子どもを怒鳴りつけても、状況は絶対によくなりません。

子どもにしてみれば、おもちゃを買ってくれない上に、お母さんに怒られて、悲しみはヒートアップするばかり。

まずは親が冷静になる努力をしましょう。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方