ベビーベッドVSベビー布団! とっちがいいの?

ベビーベッドVSベビー布団! とっちがいいの?

出産準備に欠かせないのが、赤ちゃんのおやすみスペースの確保。だけど、「ベビーベッドとベビー布団、結局、どっちがいいの?」と疑問に思っているママもいると思います。いったいなにを基準に選べばいいのでしょうか?

おやすみスペースの注意点!

ベビーベッドであろうとベビー布団であろうと、赤ちゃんのおやすみスペースには、共通の注意点があるのをご存知でしょうか?大人とは比較にならないほどデリケートなのが、生まれたての赤ちゃんの肌。とくに、外的な刺激から注意深く守ってあげる必要があります。

 

赤ちゃんのデリケートなお肌には、直射日光や紫外線が大敵。免疫力やバリア機能の低い赤ちゃんの肌は、わずかな油断で日焼けしてしまいます。そのため、直射日光が当たらない場所に寝かせてあげましょう。また、エアコンの冷気も外的刺激です。エアコンの冷気が直接当たる場所も避けましょう。

 

もちろん、地震対策も見逃せないポイント。安定していないタンスの側や本棚の近くを避けるのが鉄則です。

 

 

妊娠中に夫婦で準備する「赤ちゃんのおやすみスペース」。ライフスタイルや部屋の広さに合わせて選ぶのがポイントです。もちろん、ベビーベッドであろうとベビー布団であろうと、共通の注意点があるのも忘れずに。「赤ちゃんのおやすみスペース」には、安全性と快適性が不可欠です。一度お部屋を見まわしてみましょう!

(TEXT:田中 リリー)

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「無になりすぎでしょ…!」愛娘にチューしたいお年頃のパパが踏んだ地雷とは…【体験談】
<夫が行方不明に>「見て見ぬふりを…」ついに義父が登場。沈黙を破り言い放った言葉に絶句…
買い物中、私がショッピングセンターの入り口から動けなくなった理由は…。そして息子が衝撃発言…!?
<人間関係トラブル>「聞いていた話と違う」兄の婚約者に隠し子が!婚約者の母に真相を突き止めると…