健診と検診の違いってなに? 意外と知らない「ケンシン」についての基礎知識

健診と検診の違いってなに? 意外と知らない「ケンシン」についての基礎知識

「健診」と「検診」、どちらもケンシンですが、それぞれの違いは意外に知られていないもの。
この2つの「ケンシン」についてご説明します。

「健診」と「検診」は目的が違うが、どちらも無症状の人が対象

健診(健康診断)は個人の健康の確認と病気の早期発見を目的としており、学校や職場で実施が義務付けられているもののほか、任意で受けるものもあります。

また2008年から始まった特定健康診査(特定健診)は、病気の一歩手前の人も含め保健指導が必要な人を選び出し、病気を予防することが目的です。

一方、がんや骨粗しょう症、歯周病など、ある特定の病気の発見を目的としたものが「検診」です。

「検診」の場合は「乳がん検診」「大腸がん検診」「骨粗しょう症検診」「歯周疾患検診」など、病気の名前がついているのが特徴です。

どちらも共通しているのは、無症状の人を対象にしているということ。自覚症状が出てから受けるものではありません。

自覚症状があった場合には、健診や検診ではなく、病院を受診して必要に応じた検査を受けることが必要です。

よく、「検診は無料だから、検診を受ければいい」と言う人がいますが、検診は特定の病気を見つけるためのものなので、その病気以外で異常があった場合は発見することができません。

また、自覚症状がある場合には、検診で行われる検査とは異なる検査が初めから選択される場合もあります。

例えば対策型検診(次項参照)で行われる大腸がんの検査は便潜血検査ですが、急に便秘になった、便が細くなったようだといった自覚症状があって受診をすれば、初めから大腸内視鏡検査が予定されることもあるでしょう。

また、検診のタイミングを待っているうちに病状が進み、早期発見であれば治ったものが治らなくなるということもあるので、症状があればなるべく早く受診することが大切です。

自覚症状があって受診すれば、保険診療となります。

検診には「対策型検診」と「任意型検診」がある

ところで、検診の代表であるがん検診の場合、がんの死亡率を下げるために公共政策として行われる「対策型検診」と、人間ドックのように受診者が自分の目的によって選ぶことのできる「任意型検診」の2種類があります。

市区町村の住民を対象としたがん検診などは対策型検診で、基本的には国の指針に基づいて有効性が確立された5つのがん検診が行われており、費用は無料または少額の自己負担ですみます。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方