【知らないと損するかも!?】医療費控除とセルフメディケーション税制とは?初心者向けにトレンドワードをFPが解説

【知らないと損するかも!?】医療費控除とセルフメディケーション税制とは?初心者向けにトレンドワードをFPが解説

医療費がたくさんかかった年はお金が戻ってくると、なんとなく聞いたことはあるけれど、実際どのような制度があるの? どのような手続きが必要? 知らないことで損しないために、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんに聞いてみました。

医療費がかかった年は税金を取り戻そう

医療費がたくさんかかった年はお金が戻ってくるって本当?
「医療費がかかりすぎた年は、確定申告をして払った税金を取り戻すことができます。それにはふたつの制度があり、ひとつめが医療費控除です。医療費控除とは、1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費の自己負担額が10万円を超えた時に、所得税の一部が払い戻される制度で、下記のように計算します。

(支払った医療費合計額-保険金などで補填された金額)-10万円※=医療費控除額
※所得が200万円までの人は、10万円の代わりに所得の5%でも可
※控除額は最大200万円

最初に医療費総額を計算します。病院の医療費や薬局で薬を買ったときなどにもらったレシートや明細書を1年分すべて集めて合計します。続いて、民間の医療保険から入院給付金をもらったり、会社を休んで健康保険から傷病手当金等をもらったりしていたら、医療費の合計額から差し引きます。
さらに10万円(もしくは所得の5%)を差し引いた金額が、医療費控除額となります」と氏家さん。

病院の医療費はどのようなものでも大丈夫なの?
「控除の対象となるのは、『治療目的』で支払ったお金です。病院等に支払ったお金でも、予防や疲労回復、美容目的で受けた検査や施術は対象になりません。
健康保険が適用されずに自己負担となる普通分娩、視力矯正のレーシック手術、歯並びをよくする歯科矯正なども、治療目的であれば対象となります」(氏家さん)



ドラッグストアの医薬品が対象!セルフメディケーション税制とは

税金を取り戻すもうひとつの制度が、「セルフメディケーション税制」。こちらはどういう制度なの?
「定期健康診断や予防接種を受けるなど健康の保持や予防の取り組みをしている人で、スイッチOTC市販薬を自分・家族の分を含めて年間(1月1日~12月31日)12000円以上購入した人が対象になります。医療費控除よりも多くの人が利用しやすい制度と言えるでしょう。
『スイッチOTC医薬品』とは、薬局やドラッグストアで医師の処方箋なく購入できる医薬品のこと。レジで渡されるレシートには、対象商品であることが書かれているのでレシートで確認しましょう。また、一部の対象医薬品に限られますが、製品パッケージにマークが書かれていることもあります」(氏家さん)



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】何この胸のトキメキ…と思ったら更年期の症状だった時に読む話(後編)
【体験レポ&限定クーポンも】日本では珍しい「マインドフルネス専門サロン」が渋谷にオープン
約7mの生木クリスマスツリー!ほっこり温かい舞浜駅イクスピアリ(R)の【イルミネーション2021】
22年間の感謝を込めた最後のライトアップ!ヨーロッパを感じるヴィーナスフォートの【イルミネーション2021】