妊娠24週で胎盤がはがれ大量出血し、母子ともに危険な状態に。緊急帝王切開で生まれた865gの小さな赤ちゃん【常位胎盤早期剥離・体験談】

妊娠24週で胎盤がはがれ大量出血し、母子ともに危険な状態に。緊急帝王切開で生まれた865gの小さな赤ちゃん【常位胎盤早期剥離・体験談】

廣瀬元紀さん(41歳)・聖子さん(40歳)には、2人の子どもがいます。第2子の朋克(ともかつ)くん(10歳)は、妊娠7カ月に入ってすぐ、急に出血。常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)と診断されて緊急帝王切開になり、865gで生まれました。そして生後間もなく医師から脳へのダメージを告げられました。元紀さん・聖子さんに、妊娠中の様子や朋克くんが生まれたときのことを聞きました。全3回インタビューの1回目です。

妊娠初期の妊婦健診で、ほんの少量の出血が

元紀さん・聖子さんはネットのコミュニティサイトで出会いました。

「妻は、当時ピアニストでしたが、コミュニティサイトを通して“面白い人だな~”と思って連絡を取り合っていました。たまたま近所でピアノコンサートがあったので、会いに行ったところ意気投合して、交際がスタートしました。結婚から約1年後に、長女・まほが生まれました」(元紀さん)

朋克くんが生まれたのは、長女・まほちゃんが2歳のときです。

「妊婦初期の健診で医師から『ほんの少し出血があるから、重いものを持ったりしないでくださいね』と言われました。そのため注意しながら生活をしていたのですが、上の子が2歳前だったので、横になったりして安静にしていることはなかなかできなかったです」(聖子さん)

妊娠24週、「ジュワ~」と経血が多めに出るような感じで目が覚める

聖子さんの容態が急変したのは、妊娠7カ月(妊娠24週)に入ってからです。

「その日は家族で、夫の実家に行って、祇園祭りに行く予定でした。しかし朝7時ごろ、月経のときに多めに経血が出るような『ジュワ~』というような感覚があって目が覚めました。おなかの痛みや張りは感じませんが、血が止まりません。急いでかかりつけの産院に電話をしたところ『すぐに来てください』と言われ、夫に車で送ってもらいました。夜用の大きな生理用ナプキンを2枚つけていたのですが、それでも間に合わないぐらいの出血量であせりました」(聖子さん)

聖子さんは、すぐにNICU(新生児集中治療室)のある総合病院に救急搬送されます。総合病院の医師は、当初、胎盤が通常より低い位置にある前置胎盤(ぜんちたいばん)を疑って様子を見ていたのですが、事態は急変します。

「僕は、長女・まほを実家に預けてから妻のもとに行きました。病院に到着して2時間ぐらいすると、医師や看護師さんの出入りが急に激しくなり、とっても緊迫した雰囲気になりました。その後、医師から常位胎盤早期剥離と告げられて、緊急帝王切開のための同意書にサインを求められました。医師からは『緊急を要します。時間との戦いです』とも言われ、何が何だがわからないままサインをした感じです」(元紀さん)

「私も医師から常位胎盤早期剥離と聞いたときは、ピンときませんでした。昨日までは、本当に元気だったので・・・。かかりつけの産婦人科の待合室に『常位胎盤早期剥離に注意しましょう』みたいなポスターが貼ってあって、それは見ていてなんとなくはわかっていたような気もしますが、まさか自分がなるとは思ってもいませんでした」(聖子さん)

常位胎盤早期剥離とは、子宮の正常な位置に付着している胎盤が妊娠中や分娩中など、赤ちゃんが生まれる前にはがれてしまう状態。大量出血を起こして、妊婦が亡くなってしまうこともあります。また胎盤がはがれて胎児に十分な酸素が届けられなくなると、胎児も脳性まひや亡くなるリスクがあります。

「妻の緊急帝王切開の手術中に、わけもわからずスマホで常位胎盤早期剥離のことを調べたら、母子ともに亡くなるリスクがあることを知ってがく然としました。昨日まではあんなに元気だったのに・・・。とにかく命は助けてほしい! と、祈るような気持ちでした」(元紀さん)

関連記事: