元SDN48・近藤さや香。シングルマザーで8歳の一人息子を子育て中。ベビーカーで5路線を乗り継いで出勤していたことも【インタビュー】

元SDN48・近藤さや香。シングルマザーで8歳の一人息子を子育て中。ベビーカーで5路線を乗り継いで出勤していたことも【インタビュー】

元SDN48のメンバーであり、現在はフリーアナウンサーやラジオパーソナリティとして活躍する近藤さや香さん。2024年3月には、エッセイを書き下ろした書籍『しあわせ護心術』を出版しました。プライベートでは、8歳の男の子を育てるシングルマザー。日々の子育てや仕事との両立、週末の息子さんとの過ごしかたを聞きました。
全2回インタビューの2回目です。

頼もしい友人たちの連携プレーで、私の仕事は成り立っている

――息子さんとの日々の暮らしについて教えてください。仕事と子育てはどのように両立していますか。

近藤さん(以下、敬称略) 今、息子は小学3年生になりました。毎朝、2人で朝ごはんを食べて、それぞれ身支度をし、息子と一緒に家を出ています。その後に息子のお友だちと合流し、学校と駅の分岐点で「いってらっしゃい」と、息子たちを送り出して仕事場に向かいます。

息子の学校は、登校班というようなものがないので、友だち同士で待ち合わせをして登校するんです。その友だちとその家庭が、「早い時間に登校してもいいよ」と言ってくれたので、ほかの子たちよりも少しだけ早めに登校させています。というのも、月曜から木曜までは、9時からFMヨコハマの番組「Lovely Day♡」を担当しているので、かなり早めにスタジオ入りしなくてはいけないんです。

でも、こうやって今、息子と一緒に家を出ることができるのも、ママ友が協力してくれたり、番組スタッフが入り時間を配慮してくれているおかげなんです。本当に、まわりの人に支えられているのを感じますね。

――毎日、朝から生放送がある生活は大変ですね。急に息子さんが病気になったときなどはどうしているんですか?

近藤 子どもが具合悪くなるときって、当日の朝、急にってことも多いじゃないですか。そうなるともう、「どうしよう!!!」という感じでプチパニック。それで、いつも息子に何かあったらシッターをお願いしている友だちが6人ぐらいいるのですが、彼女たちに片っ端から連絡をして、お願いできる人を探すんです。そうすると、「どうした?」とすぐに反応してくれて、だれかにお願いできたら出勤するという感じです。

これまでにも何度かあったんですが、「10時までは見れるよ」という友だちと、「10時以降なら見れるよ」という2人の友だちが手を挙げてくれて、途中でバトンタッチしてもらう、なんてことも。とにかく、友だちやまわりの人との連携プレーで、私の仕事は成り立っている気がします。

私は、そばにいてくれる友人たちは“一生モノ”だと思っていて、これまで、自分なりに友だちつき合いを深めてきました。そのなかには、子育てが一段落した友だちもいれば、今妊娠中という友だちもいて、こういうピンチのときは、今動ける友だちに助けてもらっています。そして私も、「息子1人いるんだから、2人も3人も変わらないよ!」と伝えて、ときには友だちの子どもを預かっているんです。そうやってお互いに支え合いながら、ピンチを乗りきっています。

かつて、息子が赤ちゃんのころには、一緒にみなとみらいのスタジオまで通勤していたこともありました。保育園に入ることができなくて、スタジオが入っている隣のビルの託児所に預けていたんです。当時は世田谷区に住んでいて、そこからみなとみらいまで、ベビーカーを押しながら5路線を乗り継いで通勤していました。満員電車でベビーカーは絶対に無理!と思ったので、早朝5時台の電車に乗って。ただ、乗り換えのホームにはエレベーターがないところもあって、そこではベビーカーをたたんで息子を抱え、ベビーカーと荷物の両方を持って階段を上る・・・、なんてこともやっていましたね。

今振り返ると、私、よくやっていたな〜なんて思います。

息子さんの成長とともに、「小1の壁」にもぶつかった

――息子さんが小学校に入学したときは、大変でしたか?

近藤 保育園からがらりと生活スタイルも変わったので、最初は大変でしたね。よく、「小1の壁」なんていわれて、ニュースにも取り上げられていますよね。親にとって、“保育園さまさま”なのは、朝早い時間に子どもを預けることができるから、というのが大きいと思うんです。
小学校は、登校時間を開門時間に合わせないといけないので、仕事をしている親にとっては大問題。子どもたちが校門の前で長く待っていることが問題になったりもしていますよね。その対策のために開門を30分早めたという学校もあるそうですが、そうなると教員の負担が増えるとか、そのために別のスタッフをやとえば違う問題が出てくるとか・・・。

ニュースでは子どもの問題かのように語られていますが、実は、社会が「壁」を作ってしまっているんじゃないの?と思います。登校時間の問題でいえば、学校側だけで対処するんじゃなくて、会社側も変わらないといけないですよね。出勤時間をずらせるようなしくみを作る会社がもっと増えれば、少しずつ解消していくんじゃないでしょうか。

放課後は息子を学童(放課後児童クラブ)に行かせているのですが、私が早く帰れる日は、なるべく家で一緒に過ごすようにしています。それから夏休みもまた、働く親にとっては大変な時期。そこでわが家では、夏休みに1週間ぐらい、遠方に住んでいる両親に息子を預けているんです。そうすると、3週間ぐらいはある夏休みのお弁当作りの期間が、2週間で済むという感じで。それだけでも、私にとってはすごく助かるんですよ。

――いろいろなサポートを受けながら息子さんを育てきたのですね。息子さんは、どんな性格に育っていますか?

近藤 よく、大人の中に混じって話をしたがる子っているじゃないですか。私がまさにそういう子だったんですが、そういうところが私にそっくりなんです。息子も、小さいころから大人の話をよく聞いていて、人がどんなことで笑うのかもよくわかっているから、“おもしろさ”を大事にするんですよね。だから、人を笑わせるのが好きで、とても明るい子に育っていると思います。

あとは、人見知りをまったくしなくて、だれとでもすぐに仲よくなれるようです。人の顔をちゃんと見ることができて、人とのつき合いかたも上手だなと感じています。わが家は、本当にいろいろな人が遊びに来るので、それも息子の性格に影響していると思います。

関連記事: