「頭をガシッと」「まるでサンシャイン池崎さん」出産爆笑エピソード。出産を快楽に変える⁉ ホルモン「エンドルフィン」に迫る

「頭をガシッと」「まるでサンシャイン池崎さん」出産爆笑エピソード。出産を快楽に変える⁉ ホルモン「エンドルフィン」に迫る

「たまひよ」アプリユーザーに、「思わず笑ってしまう出産エピソードを教えてください」と、募集したところたくさんのエピソードが届きました。また「陣痛が遠のくタイミングが好き」というエピソードに「それはすばらしいこと!」と、ベテラン助産師の濵脇先生。その真相を解説します。

助産師さんの“グッジョブ!” & くすっと笑えるエピソード

「いきむ瞬間、目をつぶるとおなかではなく顔に力が入るのでNGと知っていましたが、思わず目をつぶっていきんでいると、助産師さんに頭をガシッと掴まれて『目ぇ開けてー!私の目ぇーみてー!!』と、ものすごい勢いで叫ばれて、驚いて思わず目を見開きました(笑) おかげでいきんだ後すぐ出てきてくれました」(ちゃんぴ)

「9年前の初めての出産時、あまりの痛みに『もうむり!やめます‼』と、叫んだら、助産師さんの返答が冷静で『はーい、やめられませんよー、頭が出てるからもうひと息だよー』 今思えば、そりゃあ、そーだ(笑)」(こりん)

「エクササイズが趣味で腹筋を鍛えていた私(妊娠中は休んでいました)。出産でいきむ時に若い助産師さんがおなかを押してくれたのですが『腹筋がすご~い』と、ベテランのおばちゃん助産師さんとバトンタッチ。激痛のなか、ちょっと笑いそうになりました」(りん)

「もうすぐ生まれるという時、助産師さんがおなかを押し、私も言われた通り息を止めて『んー』と、いきんだら、我が子がスポーンって飛んで出てきました。飛んだのが本当にわかったんです。思わず笑ってしまいました!」(リリック)

「助産師さんに『赤ちゃんの頭が見えてきましたよ!』と、言われたので、もう結構出てきているのかと期待して『どのくらい(のサイズ)ですか?』と、聞いたら『ピーナッツくらい!』と、想定外の返事で、陣痛中だけど笑いました」(マーブル)

出産エピソードあるある。赤ちゃん? ウ〇チ? どっちなのエピソード

「分娩台に上がる前に『おしっこしときましょう』と、トイレに誘導されました。『おしっこは出ません!ウ〇チが出ます!』と、言ったら、『それは赤ちゃんだからダメ!』と、助産師さん。『いや、絶対ウ〇チ!自分の身体なんだからわかるもん!』と反論したら、本当にウ〇チが出ました!笑」(みるく)

というママは少数派。ウ〇チではなくて……が一般的なようです。

「出産予定日は10日後だったので、究極の固いウ〇チだと思っていました。踏ん張ればチョロチョロとウ〇チは出るけど、一番引っかかっている大きなウ〇チが出ない。自宅のトイレとお友だち状態が4時間程続き、最後の1時間は激痛となって動けなくなり、さすがにやばいと夫とともに病院へ。子宮口9センチのほぼMAX状態でしたが、分娩台に上がる直前まで『ウ〇チが、ウ〇チがでる』と、叫んでいました。助産師さんに『それは、赤ちゃん!』と言われ(笑) 引っかかっていたでっかいウ〇チの感覚は、息子の出産と同時になくなりました(笑)」(ピュアママ)

「破水したので急いで病院へ。病院へ着くとずっと便意でソワソワ。私は毎朝、規則的にトイレへ行きますが、その日の朝は出していないからウ〇チだと思い、待機室のトイレで踏ん張っていたら『それ、赤ちゃんの頭だから!』と、看護師さんに怒られました(笑) はじめてのお産でしたが、そこから15分のスピード分娩でした!」(ほったさん)

「分娩中、ウ〇チがモリモリでました!めちゃくちゃ忙しそうな夜で、助産師さんは真顔でササっと捨てていました(笑)」(つなまよ)

「分娩台にあがって、陣痛が辛くてたまらず『わぁ~!ウ〇チ出そう!』と、叫んでしまった。しかも何度も。助産師さんの『出していいよ~』という言葉に恥ずかしさがなくなり、その場で安心して出産できました。でも、後から考えたら、なんてことを叫んでしまったんだろうと思います」(あやチキ)

関連記事: