生後5カ月になったら離乳食を開始!安心な炭水化物のすすめ方

生後5カ月になったら離乳食を開始!安心な炭水化物のすすめ方

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。生後5カ月ごろになると始まるのが離乳食ですね。食べ物の五大栄養には、炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質、たんぱく質とあります。この中で赤ちゃんに最初に与える栄養素は、炭水化物がすすめられています。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。生後5カ月ごろになると始まるのが離乳食ですね。食べ物の五大栄養には、炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質、たんぱく質とあります。この中で赤ちゃんに最初に与える栄養素は、炭水化物がすすめられています。

 

体のエネルギー源になる炭水化物ですが、赤ちゃんはどんな食材から始めたらいいのでしょうか?

 

炭水化物ってそもそもなに?

炭水化物の働き

炭水化物は、脳や体を働かせるために必要なエネルギー源になります。人間にとって大切な栄養素のひとつです。

 

炭水化物の食材

米、うどん、パスタ、パン、じゃがいも、さつまいもなど。おもに主食として使われる食材が炭水化物になります。

 

最初に使うのにおすすめの食材と調理法

まずは米からスタート

アレルギーが少ないとされている米からはじめます。大人と同じように炊くのではなく、米1に対して水が10の割合で炊いた10倍かゆをつぶした「10倍つぶしかゆ」から始めます。

 

食べる量は?

離乳食初日に食べる量は、小さじ1/2~1杯ほどを目安にします。もっとゆっくり始める場合は、おかゆのうわずみの「おもゆ」から初めてもOKです。

 

初日ですので、赤ちゃんがもっとほしがっても与えないほうが安心。日にちをかけてゆっくりと食べる量を増やしていきましょう。

 

 

発達に合わせてステップアップ 

離乳食は、各期によっておかゆを炊くときの水分量が違います。 離乳食中期は7倍かゆ、離乳食後期は5倍かゆ、離乳食完了期は軟飯から普通飯と、赤ちゃんの月齢や発達を見ながら進めてくださいね。

 

 

 

関連記事:

ピックアップ

「明日、親に紹介したい」信じられないペースで話が進む! #0日で結婚を決めた2人 4
予想外なトラブルで体に異変が…!よく出るのはイイことだけじゃなかった!?
新生児期のお世話、パパにも出番がたくさん!助産師がおすすめするパパが活躍できる育児ベスト3とは
「もう私のこと好きじゃない?」泣きながら彼氏に気持ちを伝えたら… #さく坊馴れ初め 28