日本人の妻とドイツ人の夫。男性不妊がわかり、ドイツでの5年間の不妊治療後に授かったのは、なんと三つの小さい命【体験談】

日本人の妻とドイツ人の夫。男性不妊がわかり、ドイツでの5年間の不妊治療後に授かったのは、なんと三つの小さい命【体験談】

ドイツ在住のあさみさんはニュージーランドに留学中に出会ったドイツ人の夫と2009年に結婚しました。子どもを望んでいたものの、まさかの男性不妊が判明し、不妊治療を行うことになったそうです。9回の人工授精を経て2015年に授かったのは、なんと三つ子でした。日本とは言語も文化でも異なるドイツでの不妊治療や妊娠についての経験を聞きました。
全3回のインタビューの1回目です。

ニュージーランドに留学中、ドイツ人の夫に出会い2009年結婚

――あさみさんの夫さんはドイツ人だそうです。2人はどこで出会ったのでしょうか?

あさみさん(以下敬称略) 私は2001年の高校卒業後、ニュージーランドに半年間聖書を学ぶコースがある学校に英語を学ぶために留学しました。たまたま夫も同じ学校に留学していたんです。留学生はみんな寮に住んでいて、夫とは当時、友だちでした。

私は半年後に日本に帰国し、短大に入学しました。その後、おたがいに連絡を取ってはいなかったのですが、2003年くらいから2年ほど彼が日本で働くことになったんです。2005年ごろ、ドイツに帰国する前に当時の留学仲間で集まったことがあり、その後連絡を取るようになり、交際が始まりました。だから交際スタート時からずっと遠距離恋愛でした。

私は短大卒業後、旅行会社で働き始めました。同僚も旅行好きが多く、プライベートでも旅行に行きやすい雰囲気でした。長期の休みが取れたらドイツに遊びに行っていました。

夫は結婚をして家族をもつことを望んでいました。そこで私は2008年に会社を退職し、半年ほど彼の実家でドイツ語学校に通いながら一緒に暮らしました。その後、日本に帰国し、結婚の準備をしてから改めてドイツに渡り、結婚しました。

――あさみさんの両親は、あさみさんがドイツに住むことをなんと言っていましたか?

あさみ わが家は母が英語を教える仕事をしていました。父も英語の専門学校を卒業しています。だから両親ともに子どもが海外に行くことに抵抗がないタイプで、むしろ海外に積極的に行くのは大歓迎だったと思います。私がドイツ人と結婚することも、日本を離れることも、ごく自然に受け入れ、喜んでくれました。

私は、ドイツに住み始めた当初は英語しか話せませんでした。日本語も難しい言語と言われていますが、ドイツ語も難しい言語なんです。ただ、ドイツは英語が話せる人が多く、わりと英語も通じます。生活していくうちにだんだんドイツ語も話せるようになってきましたが、夫とは英語、日本語、ドイツ語を織り交ぜて生活しています。

結婚してすぐに妊娠を望むも授からず・・・。夫婦で検査を受け、男性不妊が判明。

――あさみさん夫婦が妊娠を考えたのはいつごろからでしょうか?

あさみ 夫婦ともに子どもが好きなので、結婚したらすぐにでも子どもが欲しかったです。最初は自然に任せていました。でも、結婚して1年たってもなかなか授かりません。しかも、私は以前から生理痛が重かったんです。ドイツに住み始め、環境の変化もあったからだと思うのですが、生理痛がますますひどくなりました。毎回、七転八倒するほどの痛みでした。

日本だと産婦人科は少し敷居が高くて妊娠・出産のときくらいしか行かない人が多いかもしれません。でも、ドイツのほとんどの女性は、かかりつけの婦人科があるんです。「マイ婦人科」のような感じです。生理不順や生理痛があれば気軽に相談に行くし、30代になると婦人科系のがん検診なども1年に1度受けるのが当たり前なんです。

こうした環境だから、私がなかなか妊娠しない様子を見て、周囲に人から「あなたも1度婦人科に行ってみたほうがいいよ」と言われました。そこで、ドイツに住み始めた翌年の2010年、婦人科に行くことにしました。当時はまだドイツ語に自信がなかったので、日本人の通訳がいる病院を選びました。

そのときに、「卵管が詰まっているかもしれないから検査をしたほうがいい」と総合病院の専門医を紹介されました。紹介先の病院で卵管造影検査をしたのですが、詰まりはなく、軽度の子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)が3カ所あることがわかりました。それ以外はとくに問題はなく、妊娠もできそうだと言われたんです。

不妊の原因が私にないのであれば、夫も検査を受けたほうがいいと、男性用クリニックを紹介されました。そこで、紹介された病院で夫が検査を受けることになりました。

――夫さんは病院に行くのに抵抗はありませんでしたか?

あさみ 少しあったみたいです。でも、夫婦ともに子どもは欲しい気持ちは変わっていませんでした。「私も検査したから、あなたも頑張って」と励ましました。検査の結果、夫は「クラインフェルター症候群」という疾患があり、男性不妊と診断されました。
自然妊娠は難しそうだったので、人工授精をすることにしました。

関連記事: